遂に解禁!Apple Watchの心電図アプリが日本でも利用可能に

遂に解禁!Apple Watchの心電図アプリが日本でも利用可能に

Appleは1月22日、Apple Watchの心電図アプリが日本でも利用可能になると発表しました。対応するのはApple Watch Series 4、5、6。不整脈に最も多い心房細動の兆候を検知するために役立ちます。

Apple Watchの心電図アプリ、日本でも解禁!watchOS 7.3で対応

Apple-watch-egg-app

Appleは1月22日、Apple Watchの心電図アプリが日本でも利用可能になると発表しました。

watchOS 7.3のリリースで対応され、Apple Watch Series 4、5、6で利用できるようになります。心電図アプリに加え「不規則な心拍の通知機能」も追加されます。

心電図アプリは、アプリを開いてデジタルクラウンに指をあてるだけで利用可能。すべての記録、記録の分類(心房細動、洞調律、低心拍数、高心拍数、判定不能)、注意が必要な症状は、iPhoneのヘルスケアアプリに保存され、結果はPDFで医師と共有できます。

Apple_watch-ecg-start_012021Apple_watch-ecg-measuring_012019

「不規則な心拍の通知機能」はバックグラウンドで動作し、ユーザーの心拍リズムをチェック。不規則な心拍リズムが検出されるとユーザーに通知します。

Apple_watch-alerts-heartrate-atrialfibrillation-longlookApple_watch-ecg-result-sinusrhythm_012021

不整脈に最も多い心房細動の兆候を検知するために役立ち、世界で2番目に多い死因である脳卒中のリスク軽減が期待できます。

東京都医師会会長「治療に結び付く役割を果たすことに期待」

東京都医師会の尾﨑治夫会長は、Apple Watchの心電図アプリおよび不規則な心拍の通知機能について、以下のようにコメントしています。

「ようやく日本でも心電図アプリケーションおよび不規則な心拍の通知機能が使えるようになることを大変嬉しく思っております。今後日本で、Apple Watchのこれらの機能が心房細動を早期に発見し、医師との対話、そして治療に結び付けられるような役割を果たしていくことを期待しています」

Apple Newsroom

watchOS 7.3のリリース日は発表されていませんが、watchOS 7.3(RC)がすでにリリースされていることから、早ければ来週にも配信される見通し。