次期「iPad mini」は2021年後半に発売ーー著名アナリスト

次期「iPad mini」は2021年後半に発売ーー著名アナリスト

2021年5月4日

第6世代となる次期「iPad mini」が2021年後半にリリースされると、Appleの情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏が投資家向けの最新レポートで伝えています。

「iPad mini(第6世代)」2021年後半発売に延期

iPad-mini-5h-gen.jpg

Appleの情報に定評のある著名アナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、Appleは「iPad mini(第6世代)」の発売を2021年後半に予定している可能性があるということです。

Kuo氏は以前、2021年前半に「iPad mini」が発売されると予測していました。しかし、世界の状況の変化が「iPad」の売上増加に貢献し、昨日発表されたM1チップ搭載の「iPad Pro」がさらに売上を押し上げると予想。

最新レポートでは、「iPad」のビジネス成長のために、「iPad mini」は2021年後半に発売に延期されたとしています。

「iPad mini(第6世代)」はどんなモデルに?

現在の予測では、「iPad mini(第6世代)」は、ディスプレイサイズが8.4インチとなり、引き続きTouch IDのあるホームボタンとLightningポートを採用するとされています。

大きな変化はディスプレイのベゼル部分がスリムになり、7.9インチから8.4インチに大型化する点。

廉価版の位置づけである「iPad mini」なので、大幅な再設計は期待できそうにないですし、チップセットは旧モデルのものが採用される可能性が高く、あくまで「手に取りやすいiPad」という仕様になると予想されます。