Apple Musicのロスレス、AirPodsシリーズは視聴不可。AirPods Maxでもダメ

Apple Musicのロスレス、AirPodsシリーズは視聴不可。AirPods Maxでもダメ

Apple Musicが6月から開始する「ロスレス」の配信では、AirPodsシリーズは対応していません。AirPods Maxで有線接続した場合であっても視聴できません。

わかっていたけど残念。Apple MusicのロスレスはAirPodsでは聴けない

AirPods-Max.jpg

Appleは6月より、Apple Musicの「ロスレス」「ハイレゾロスレス」配信を開始すると発表しました。

発表前からわかっていたことではありますが、AirPodsシリーズでは「ロスレス」の視聴ができません。AirPodsシリーズのBluetooth接続ではAACとSBCしか対応していないため、ロスレスの「ALAC(Apple Lossless Audio Codec)」を再生することができないためです。

AirPods MaxではLightningケーブルを介した有線接続が可能ですが、AirPods Maxはアナログ出力ソースのみ対応しています。そのため、iPhoneから24bit/48kHzのロスレス楽曲を再生すると、デジタル出力をアナログに変換し、再び24bit/48kHzのデジタルに変換するため、本当の意味でのロスレス再生とは言い切れない状態になるとThe Vergeは指摘しています。

再変換が行われたとしても、これまでのApple Musicよりは良い音になることは期待できるでしょう。

なお「ハイレゾロスレス」の視聴には、DAC(Digital Analog Converter)などの外部機器が必ず必要となります。

とはいえDolby Atmosの「空間オーディオ」対応は楽しみ

AirPods Pro、AirPods Maxでロスレス音源を気軽に聴くことができるわけではないというのは残念ですが、Dolby Atmosの「空間オーディオ」には対応します。

ユーザー体験としては大きく変わるアップデートになるので、純粋に楽しみですね。