次期「Apple Watch」フラットエッジのデザインを採用か

次期「Apple Watch」フラットエッジのデザインを採用か

次期「Apple Watch」はデザインが刷新される情報が伝えられていましたが、フラットエッジのデザインが特徴になるという情報が伝えられています。

「Apple Watch Series 7」はフラットエッジに?

Apple_delivers-apple-watch-series-6_09152020

Appleの情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏は昨年11月、Apple Watch Series 7はデザインが刷新される可能性を示唆していましたが、新たな噂によると、フラットエッジのデザインが特徴になるようです。

Appleのリーク情報で定評のあるJon Prosser氏が「Genius Bar Podcast」の中で伝えています。

Appleは近年、iPhone 12シリーズやiPad Proシリーズなどでフラットエッジデザインを採用していますし、MacBookシリーズでもフラットエッジデザインを採用する可能性が噂されています。この流れからApple Watchもフラットエッジデザインを採用するということでしょうか。

またJon Prosser氏は、新色として「グリーン」が登場するとも伝えています。

Apple Watchの大幅なアップデートは2022年?

これまで伝えられている情報では、Apple Watch Series 7では血糖値の計測が可能になる可能性が伝えられていましたが、Appleが買収したイギリスのスタートアップ企業Rockley PhotonicsのCEOの発言によると、2022年に搭載される可能性もあります。

Bloombergは、より過酷な環境でデバイスを使用するエクストリームスポーツのプレイヤーを対象とした、頑丈なケースを備えたApple Watchの発売を検討していると報じていますが、これは早ければ2021年、もしくは2022年後半とのこと。

とはいえ本体デザインの変更は大きな変化。個人的にはApple Watchのフラットエッジデザインは微妙な気がしますが……。