「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」配信開始、利用にはマイナンバーカードが必要

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」配信開始、利用にはマイナンバーカードが必要

2021年12月20日

デジタル庁は12月20日、日本政府が公式に提供する、新型コロナワクチン接種証明証を取得できるアプリ「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の配信を開始しました。日本国内用と海外用の新型コロナワクチン接種証明書を取得できます。

日本政府公式「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」配位開始

covid-19-vaccination-app.jpg

日本政府が公式に提供する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の配信が開始されています。

その名のとおり「新型コロナワクチン接種証明書」をアプリで表示できるもので、日本国内用および海外用の接種証明書を取得できます。

新型コロナワクチン接種証明書は、日本の予防接種法に基づいて各市区町村で実施された新型コロナワクチン接種の事実を公的に証明するもの。氏名や生年月日、接種記録(ワクチンの種類、接種年月日、ロット番号など)が記載されます。

利用するためには「マイナンバーカード」「マイナンバーカードの券面入力補助用暗証番号(カード受取時に設定した4桁の数字)」が必要。海外用の接種証明書には「パスポート」も必要になります。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」はiOSアプリ/Androidアプリが提供されていますが、それぞれiOS 13.7以上、Android 8.0以上が必要。加えてマイナンバーカードを読み取れる(NFC Type B対応)端末が必要になります。

drip公認バリスタ