Twitter、140文字以上の投稿ができる「Twitter Articles」を開発中

Twitter、140文字以上の投稿ができる「Twitter Articles」を開発中

2022年2月4日

Twitterは140文字以上の長文が投稿できる「Twitter Articlese」という新機能を開発していることが明らかになりました。

Twitterで文字数を気にせず投稿できるようになるかも

twitter-1.jpg

Twitterの情報に詳しいJane Manchun Wong氏が、Twitterが140文字以上の長文を投稿できる新機能「Twitter Articles」を開発中だと報告しています。

機能の詳細については不明ですが、Articlesという名称から「記事」と同程度の投稿ができる機能と予測されています。

米CNETによると、Twitterの広報担当者は「ユーザーが会話を始め、それに参加することを助ける新しい方法を常に検討している」とコメントし、Twitter Articlesについては近日中に詳細を発表すると述べたということです。

Twitterは先日にも、親しいユーザーに限定してツイートができる「Twitter Flock」と呼ばれる機能を開発中ということも明らかになっています。しかし名称に複数の候補があるようで、「Trusted Friends」「Twitter Circle」などの表示も確認されています。

すでに展開されいているTwitterの有料プラン「Twitter Blue」は、現時点では日本では利用できません。Twitter Articlesが実装されたとして、日本でもすぐに使えるようになるのかが気になるところ。

昨年には絵文字でのリアクション機能を用意するとTwitter者のチーフ・デザイン・オフィサーであるDantley Davis氏がコメントしていましたが、現時点では実装されていません。

drip公認バリスタ