「iPhone 14」シリーズ、「mini」は廃止になる見込み。代わりに「14 Max」が追加か

「iPhone 14」シリーズ、「mini」は廃止になる見込み。代わりに「14 Max」が追加か

2022年3月17日

Appleが2022年秋頃に発表すると予測されている「iPhone 14」シリーズでは、「mini」のラインナップがなくなる可能性が伝えられています。

iPhone 14、不人気だった「mini」を廃止

iPhone-14-dummy.jpg

9to5Macによると、2022年後半に発表するiPhoneからは「mini」モデルが廃止される可能性があるようです。

「iPhone 12 mini」の販売台数が低調だったこともあり、2022年のiPhoneから「mini」モデルが廃止されるだろうとする予測は、以前から伝えられていました

2022年後半に発表されるのは「iPhone 14」シリーズ。情報筋によると、6.1インチ、6.7インチのディスプレイサイズで、4モデルが用意されるとのこと。

つまり「iPhone 14」で6.1/6.7インチ、「iPhone 14 Pro」で6.1インチ/6.7インチというラインナップと予測されます。

Appleの情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleの命名規則が変わらなければ、それぞれ「iPhone 14」「iPhone 14 Max」「iPhone 14 Pro」「iPhone 14 Pro Max」になるだろうとコメントしています。

チップについては、既存のA15チップをベースにしたモデルと、新しいチップを採用したモデルがあるとのこと。Ming-Chi Kuo氏は、iPhone 14はA15チップ、iPhone 14 ProはA16チップになるだろうと伝えています。

9to5Macは、Appleは衛星通信昨日の開発に取り組んでいるとも報告していますが、この機能がiPhone 14に追加されるかは不明としています。

drip公認バリスタ