Appleは6月に「27インチのミニLED製品」を発表するのか、アナリストの意見が対立

Appleは6月に「27インチのミニLED製品」を発表するのか、アナリストの意見が対立

2022年3月18日

Appleは「ミニLED製品」をいつ発表するのか。ディスプレイに関連したリーク情報に定評のあるRoss Young氏と、Appleの情報で信頼性の高いアナリストのMing-Chi Kuo氏で、意見が対立するかたちになっています。

「2022年にミニLEDの新製品は出ない」「6月に27インチのミニLED製品が出る」

Apple-Studio-Display-5K-Retina-220308

Appleは新しい「ミニLED製品」を開発中だと予測されていますが、その新製品の登場時期についてはアナリストの間でも意見が対立しています。

Appleの情報で信頼性の高いアナリストのMing-Chi Kuo氏は3月16日、2022年には新しいミニLEDディスプレイの新製品は登場しない可能性があるとコメント。理由としてはコストが関連しているとしています。

一方でディスプレイ業界のサプライチェーンを対象に調査レポートなどを作成するDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOを務めるRoss Young氏は、6月頃にミニLEDを採用した27インチディスプレイが登場すると確信しているとコメント。

Ross Young氏はディスプレイに関するリーク情報の確度が高く、これまでの情報は92.9%で的中。リーク情報を伝える情報ソースとして、最も高い信頼性があります。(Apple Track調べ

Ross Young氏は以前、6月にミニLEDを採用したiMac Proが発表されると予測していましたが、実はiMac Proだと思っていた製品はプロ向けの「Studio Display」だったと説明しています。このディスプレイは5Kで120Hzになるそうです。

またプロ向け「Studio Display」と同時に、Mac Proも発表されると考えているようです。

Ming-Chi Kuo氏とRoss Young氏は、それぞれリーク情報に実績のある人物。それだけに、ここまで予測が噛み合わないとなると、どちらの可能性も考えられます。

また9to5Macは、Appleは27インチのiMac(もしくはiMac Pro)の計画を廃止したと伝えているため、登場するとすればRoss Young氏のいうプロ向け「Studio Display」の可能性が濃厚。

一方でBloombergのMark Gurman氏は、Mac Proは「M2チップ」が搭載されると伝えています。Ross Young氏の予測通り、ミニLEDディスプレイとMac Proが同時に発表されるとすれば、6月にM2チップが発表され、さらにはM2チップファミリーの関連製品も同時に発表、つまりMac Proが登場する可能性もあるということになります。

6月に開催されるWWDC 22は開発者向けイベントであるため、本来はiOSやmacOSなどの発表が中心。M2チップや新しいMac Proやプロ向け「Studio Display」の発表まであるのでしょうか。なんにせよ期待。

drip公認バリスタ