ソニー製品、4月から最大31%値上げ。半導体不足などの影響

ソニー製品、4月から最大31%値上げ。半導体不足などの影響

2022年3月25日

ソニーマーケティング株式会社は3月24日、昨今の半導体不足をはじめとする外部環境の影響により、一部製品のメーカー出荷価格を改定すると発表。価格改定率は最大で31%増となっています。

ソニー製デジタル一眼カメラや、ヘッドホンなどが最大31%値上げ

Alpha_ZV_E10_SEL1018_v2.jpg
価格改定の対象となっている「ZV-E10」

ソニーマーケティング株式会社は、昨今の半導体不足、原材料費、製造・物流コスト高騰を踏まえ、4月1日より一部製品の出荷価格の改定すると発表しました。

対象となっている主な製品カテゴリは、サウンドバー、ホームシアターシステム、ヘッドホン、などのオーディオ関連製品。他にもデジタル一眼カメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルスチルカメラなども対象となっています。

価格改定率は約3〜31%。対象となっている製品リストは以下のとおり。

220324_list
画像クリックで拡大
220324_list2
画像クリックで拡大
drip公認バリスタ