iPhone 15はLightningからUSB-Cに変更されます――著名アナリスト

iPhone 15はLightningからUSB-Cに変更されます――著名アナリスト

2022年5月12日

Appleは2023年に発売するiPhone 15から、Lightningポートを廃止し、USB-Cポートに変更される可能性があるようです。Appleの情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏が伝えています。

2023年の「iPhone 15」からUSB-Cになるらしいぞ

usb-c.jpg
Photo by Mishaal Zahed on Unsplash

Appleの情報に詳しいアナリストのMing-Chi Kuo氏によると、Appleは2023年の新型iPhone(iPhone 15)でLightningポートを廃止し、USB-Cポートに変更されるようです。

USB-Cに変更されることで、iPhoneのデータ転送速度や充電速度が向上する可能性があるが、最終的な仕様の詳細はiOSのサポート次第になるとのこと。

Ming-Chi Kuo氏は昨年3月、「iPhoneはUSB-Cに移行しない」と予測。理由として、Made for iPhone(MFi)プログラムの収益に影響がでることや、防水性能がLightningのほうが高いことを挙げていました。

AppleがUSB-Cへの変更に前向きになった理由として考えられるのは、EUの圧力があります。

欧州議会域内市場・消費者保護委員会は4月、欧州委員会が昨年9月に提案した、スマートフォンなどの小型機器のメーカーに、共通のUSB-Cポートの採用を求める無線機器指令の改定案を採択。今後、欧州議会本会議で承認されれば、USB-C搭載義務付けへ具体的な動き出すことになります。

EUに出荷するiPhoneのみがUSB-Cポートを採用するのか、世界中すべてのiPhoneにUSB-Cを採用するのかは不明。

すでにiPadのラインナップではUSB-Cを採用するモデルが多く存在しています。iPhoneで撮影できる動画も、数年前と比較してかなりの大容量データになってきており、iPhoneからのファイル転送はボトルネックになっています。USB-Cが採用されることで、iPhoneユーザーにはメリットが大きいですし、期待して待ちたいところです。

drip公認バリスタ