「iPhoneはUSB-Cに移行しない。Touch ID内蔵の電源ボタンも導入しない」著名アナリスト

「iPhoneはUSB-Cに移行しない。Touch ID内蔵の電源ボタンも導入しない」著名アナリスト

Appleは次期iPhoneでLightningポートを引き続き採用し、USB-Cへの移行は計画されていない。Appleの情報に定評のあるアナリストMing-Chi Kuo氏が投資家向けの最新レポートで予測していると、Apple Insiderが伝えています。

iPhoneはUSB-Cに移行せず。将来的にはMagSafeを使った接続に移行か

iphone-12-pro
Photo by Benny Bowden on Unsplash

Appleの情報に定評のある著名アナリストMing-Chi Kuo氏によると、AppleはiPhoneのLightningポートを継続し、USB-Cには移行しない計画だと伝えています。Apple Insiderが伝えています。

Kuo氏によると、iPhoneがUSB-Cに移行せずLightningを継続する理由として、Made for iPhone(MFi)プログラムによる収益に影響がでることや、防水性能がLightningやMagSafeのほうが高いことを挙げています。

そのため、iPhoneが将来的にLightningを廃止する場合は、USB-Cの代わりにMagSafeをサポートするポートレス設計を採用する可能性があるとしています。

ただし、MagSafeのエコシステムはまだ成熟していないため、直近はLightningポートを継続すると予測しています。

iPhoneには「Touch ID搭載の電源ボタン」は採用されない?

さらにKuo氏は、iPad Air(第4世代)に採用された「Touch IDを内蔵した電源ボタン」は、まだiPhoneには採用される計画はないとしています。

iPad Airだけに搭載されている機能ですが、他のデバイスで利用されないとは考えにくいので、Touch ID搭載電源ボタンはiPadシリーズのみの機能になるのでしょうか。

なお「iPhone 13」は、ディスプレイ内蔵のTouch IDが搭載されると予測されています

drip公認バリスタ