15インチMacBook Airと12インチMacBook、14.1インチiPad Proが2023年に登場か

15インチMacBook Airと12インチMacBook、14.1インチiPad Proが2023年に登場か

Appleは2023年に、15インチのMacBook Airと12インチのMacBook、14.1インチiPad Proをリリースする可能性があるようです。BloombergのMark Gurman氏や、DSCCのCEOを務めるRoss Young氏が伝えています。

Appleが12インチのラップトップを開発中との情報。小さいMacBook Proか

M1 MacBook Air
M1 MacBook Air

Appleは、現行モデルよりも小さいMacBookと大きいMacBook Air、そして14.1インチのiPad Proを計画しているようです。

Appleの情報で信頼性の高いBloombergのMark Gurman記者によると、早ければ2023年の春に15インチのMacBook Airを開発していると、関係者の話として伝えています

また12インチのMacBookの開発も開始しているといい、2023年終わりから2024年の始めにかけて発売することを検討しているとのこと。12インチのMacBookが、ローエンドモデルかハイエンドモデルかは不明。

リーカーのMajin Bu氏によると、Appleが2023年に12インチMacBook Proに取り組んでいるといい、M2 ProとM2 Maxが搭載されるはずだとしています。

ディスプレイ業界のサプライチェーン向けに調査レポートなどを報告するDSCC(Display Supply Chain Consultants)のCEOを務め、Appleのディスプレイ関連のリーク情報で高い信頼性のあるRoss Young氏は3月、Appleは2023年に15インチのMacBook Airを発表する可能性があると伝えていました

関連:15インチ MacBook Air、2023年に登場する可能性

Ross Young氏によると、15インチMacBook Airは正確には15.2インチのディスプレイで、ProMotionやミニLEDは搭載しないとのこと。

またRoss Young氏によると、Appleは2023年初頭に14.1インチのiPad Proが登場する予定とのこと。14.1インチ iPad Proは、ミニLEDとProMotionを搭載する予定だそうです。

Mark Gurman記者によると、AppleはM2 ProとM2 Maxを搭載した新しいMacBook Proを2022年末までに発表する計画ですが、リリースは2023年初頭になる可能性があるということです。

drip公認バリスタ