タイムセール祭りが8月27日より開幕。最もお得に買い物する方法は?

タイムセール祭りが8月27日より開幕。最もお得に買い物する方法は?

2022年8月26日

Amazonで8月27日から63時間限定のタイムセール祭りがスタートします。Amazonデバイスから日用品まで、さまざまな商品がお買い得になるタイムセール祭りですが、今回はポイントアップキャンペーンにも変化が。お得に買い物する方法をまとめてご紹介します。

63時間限定「タイムセール祭り」は8月27日9時から

amazon-timesale.jpg
63時間のビッグセール タイムセール祭り

Amazonで8月27日9時から、63時間のビッグセール タイムセール祭りが開催されます。

これまでAmazonでお得に買うには「現金チャージ」のポイント還元を受け、ポイントアップキャンペーンを適用して買物するのが最もお得に買い物できる方法でしたが、「現金チャージ」のポイント還元が終了してしまいました。

現在、Amazonで最もお得に買い物するにはAmazon Mastercardが必須。Amazon Mastercardであれば、クレジットカードでのAmazonチャージ2.5%の還元を受けることができ、ポイントアップキャンペーンでも+3.5%の還元を受けることがます。

タイムセール祭りでお得に買い物する方法を以下にまとめてご紹介。

63時間のビッグセール タイムセール祭り

最大15%ポイントアップキャンペーン、注意点もあります

合計10,000円以上の買物を対象に、ポイント還元率がアップする「最大15%ポイントアップキャンペーン」が開催されます。キャンペーンを適用させるためには、キャンペーンページからエントリーが必要です。

amazon-point-202208.jpg
最大15%ポイントアップキャンペーン

プライム会員なら+3%、Amazonショッピングアプリからの購入で+0.5%、Amazon Mastercardでの購入で+3.5%(プライム会員以外なら+3%)、家電・大型家電の購入で+8%という内訳です。

1回の買物で家電が1つでも入っていれば+8%なので、対象商品の中からものすごく安いものを何でもいいから入れておけばOK。

amazon-point-202208-1.jpg
最大15%ポイントアップキャンペーン

注意点として、今回のキャンペーンで獲得できるポイントは2022年9月末日まで有効の期間限定ポイントになります。

最大15%ポイントアップキャンペーンにエントリー

Amazon Mastercardで「Amazonチャージ」がお得

prime-card-charge.jpg_
クレジットカードギフト券チャージで0.5%ポイント

Amazonプライム会員であり、Amazon Mastercardの利用者であれば、Amazonギフト券チャージタイプの購入で最大2.5%のポイント還元を受けることができます。

Amazon Mastercardであれば、通常のポイント還元率は2.0%。現在開催中のキャンペーンにエントリーすることで、+0.5%が追加され2.5%ポイント還元。旧ゴールド会員の場合は還元率2.5%なので、最大3%のポイント還元です。

クレジットカードギフト券チャージで+0.5%ポイント

粗悪品や見せかけの値引きに騙されないよう注意

「数量限定タイムセール」では価格の不当表示や品質の悪い商品、やらせレビューの多い商品などが紛れ込むことがあります。

最近はガジェット関連の商品だけでなく、マスクなど需要が高い商品にも怪しい出品が確認されています。以下の特徴が複数当てはまる商品は怪しい可能性が高いので気をつけましょう。

  • 販売、発送がAmazon.co.jpではない商品
  • 商品名の先頭に「メーカー名」「ブランド名」が入っていない商品
  • メイン画像が「白抜きになっていない」「文字が入っている」「(雷など)特殊加工がされている」商品

特に「進化版」「最新」「おすすめ」「人気の」などが商品名の最初についているものは、わかりやすく危険度が高いので要注意です。

一部の悪徳業者は、プライムデーの前に商品価格をあげておき、プライムデーのタイムセールであたかも割引で購入できるように見せかけるということがあります。

Chrome拡張機能の「Keepa - Amazon Price Tracker」を追加すれば、Amazonの商品ページで販売価格の推移を確認することができます。人気の商品であれば、過去のタイムセール祭りなどのビッグセール時のみ価格が安くなっているので安心して購入できます。

Keepa-Amazon-Price-Tracker.jpg
Keepaでの価格推移の表示例

怪しい商品の場合、セール直前に価格が上がっていたりすることも。割引率の高さに反応して飛びつかず、過去の価格推移を一度見てみることをおすすめします。

また最近ではkのKeepaへの対策として、新たな手口が見つかっています。

具体的には、通常価格を高く設定し、実際に販売したい価格でクーポンを発行。タイムセール祭りなどのセール期間は、クーポンを発行しないという手口です。

気になっている商品は日頃から欲しい物リストに入れてチェックしておいたり、価格やクーポンの有無を確認しておいたほうが良いでしょう。

Amazonで予告されているタイムセール対象商品をチェック

タイムセール祭りで最も優先度高く買いたいものは「日用品」や「消耗品」などのまとめ買いですが、Amazonで予告されているタイムセール対象商品はあらかじめチェックしておきましょう。

63時間のビッグセール タイムセール祭り
drip公認バリスタ