iPhone 14 Pro、常時表示ディスプレイが完全にオフになる条件

iPhone 14 Pro、常時表示ディスプレイが完全にオフになる条件

2022年9月19日

iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxでは、ロック中の画面が完全に真っ暗にならず時計やウィジェットなどを常に表示できるようになりました。しかし、不要な時にもディスプレイが表示されているのはバッテリーが心配。Appleのサポートサイトでは、常時表示ディスプレイがオフになるケースが紹介されています。

常時表示ディスプレイ、必要ない時は自動的にオフになります

iphone-14-pro-always-on-display

iPhone 14とiPhone 14 Pro Maxでは、ロック画面でスリープさせても、ディスプレイに時計やウィジェットがうっすらと表示される「常時表示ディスプレイ」に対応しました。

常時表示ディスプレイは、リフレッシュレートを1Hzで動作し、ディスプレイ全体も暗くなり、最小限の電力消費でディスプレイを表示します。

最小限の電力消費とはいえ、ディスプレイを表示させているので、バッテリーは確実に消費されます。しかし、ディスプレイを表示する必要のない状態であると、iPhoneが検出した場合に限って、ディスプレイ表示がオフになります。

iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxの常時表示ディスプレイが、自動的にオフになるパターンは以下の8とおり。

  • iPhoneのディスプレイを下向きに伏せて置いている
  • iPhoneをポケットやバッグに入れている
  • 「睡眠」の集中モードがオンになっている
  • 低電力モードがオンになっている
  • iPhoneがCarPlayに接続されている
  • 「連携カメラ」を使用している
  • しばらくiPhoneを使っていない(iPhoneはユーザーの活動パターンを学習し、アラームやスリープスケジュールを設定した場合など、それに応じてディスプレイをオフにしたりオンにしたりします)。
  • ペアリングされたApple Watchを装着したユーザーが、iPhoneから離れたことを検出した場合(Apple Watchが再びiPhoneに近づくと、常時表示ディスプレイがオンになります)。

なおiPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxでは、常時表示ディスプレイがオンになっています。

バッテリー消費が気になる、従来のiPhoneのように画面が真っ暗になってほしい、という人は、設定アプリから「常にオン」をオフにすることで、常時表示ディスプレイを無効にすることもできます。

iphone-14-pro-always-on-display-1.jpgiphone-14-pro-always-on-display-2.jpg
drip公認バリスタ