iTunes Matchが日本でも利用可能に!便利な反面グレーな一面も?

itunes-match

@JUNP_Nです。日本でもとうとう利用が開始された「iTunes Match」ですが、ユーザーとしてはかなり便利なサービス。具体的にどのようなことができるのか、またどのような問題点があるのか簡単にまとめてみました!


iTunes Matchが日本上陸!年額3980円で何が便利になる?

「iTunes Match」はiTunesに取り込んだことがある曲がiTunes Storeにある楽曲とマッチすればiTunes Storeで購入したことと同等に扱ってくれるというサービス。

Itunes match 1

つまりTUTAYAなどのレンタルショップでレンタルしたCDを取り込んだ楽曲についても、iTunes Storeで購入したことと同等の扱いにしてくれる。つまりiTunes Matchの契約期間内であれば何度でも再ダウンロードが可能。

iCloudを利用して同じApple IDが紐付けられているiOS端末からのストリーミング再生なども可能になります。

年間3980円を支払わなければなりませんが、これらのことが可能になります。注意が必要なのは、この契約は自動更新になっているという点。自動更新をオフにするためには「アカウント>iTunes in the Cloud>iTunes Match>自動更新をオフ」を設定する必要があります。

iTunes Matchでマッチされてしまえば256Kbps・DRMフリーでダウンロード可能

iTunes Matchで一番のポイント(問題)なのはiTunesに取り込んだ楽曲がマッチしてしまえば、iTunesから256Kbps・DRMフリーで再度ダウンロードすることができてしまうという点。

Itunes match 2

既に「グレーな手法で手に入れた楽曲もマッチさせることができてしまう」ということがわかっています。例えば違法ダウンロードやYouTubeなどでDLして音源だけ抜いた楽曲であってもマッチさえしてしまえばiTunesから正規にダウンロードすることができるわけです。

この辺りの問題やお金の流れについて、著作権者とはどういう関係になっているのかわかりませんが、ユーザーとしてはiTunes Matchはかなり便利。

iTunes Matchの制限事項

iTunes Matchを利用は最大で10台のiOS端末で利用することが可能。保存とマッチングは25,000曲が限度。現在も iTunes Store で販売されている楽曲でiTunes Storeから購入したものは含まれません。

200MB以上の楽曲、2時間以上の楽曲、DRMロックされている楽曲は利用することができません。

iTunes Matchを解約するとどうなる?

この便利なiTunes Matchですが、途中で解約してしまうと再ダウンロードやストリーミング再生など一切行うことができなくなります。この点だけは要注意。

iTunes Matchを契約し続ける必要はありますが、一度マッチさせてしまえばiTunesから削除しても聞きたくなったらダウンロードするということができるわけですから。

もしiTunes Matchを解約しようと思っているのであれば、全ての楽曲をダウンロードしてから解約することをオススメします。

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング