Twitterルール改定―複数アカウントは通常利用は問題なし、刺激の強いコンテンツや攻撃的な行為についてのルールが詳細に

シェア数 アイコン 427

Twitterルール改定―複数アカウントは通常利用は問題なし、刺激の強いコンテンツや攻撃的な行為についてのルールが詳細に

@JUNP_Nです。Twitterを利用するにあたっての利用規約の一部「Twitterルール」が改定されました。今回の改定では「複数アカウントの不正利用」や「攻撃的な行為」「スパム」など安全・安心して利用するためのルールがより詳細になりました。

複数アカウント利用が全てダメというわけではなく、攻撃的な行為等のために利用することを禁止

Twitterを安全に利用するためにルールが詳細になりましたよ!

Twitter rule revision

Twitterが「Twitterルール」を改定、これまでと比較して「特定の人種、性別、宗教などに対するヘイト行為」「攻撃的な行為」などが具体的に明文化されています。

2015年話題になったテロ問題でもTwitterの利用がされていましたが、こういった行為も明確にルール違反になりますね。

脅迫行為 (直接または間接): 脅迫やテロ行為の助長を含め、暴力行為を行うという脅迫または暴力行為の助長を禁じます。

「複数アカウントの不正利用」もルールが追加れていますが、いまいち具体的ではなくTwitterでは複数アカウント所持している人達が困惑しているようです。

複数アカウントの不正利用: 同一ユーザーが重複使用を目的として複数のアカウントを作成すること、または1つのアカウントが一時的または永久凍結された場合に備えて別のアカウントを作成することを禁じます。

この点についてITmediaがTwitterへ問い合わせたところ、以下の様な返答があったそうです。複数アカウント利用は通常利用では問題ないようですね。

複数アカウントを全面的に禁止するものなのかどうか、Twitterに問い合わせたところ、「通常の利用であれば複数アカウントはこれまでと同じにご利用いただけます。こちらのルールは、「攻撃的」であるためにアカウントを止められた方が別のアカウントを作られることを禁じるというものです。」という回答だった。

Twitterはエロ画像投稿を自動で規制するようになったと話題に

今回の「Twitterルール」改定で、画像の投稿でも「刺激の強いコンテンツ」について明文化されました。

刺激の強いコンテンツ: ポルノ画像または過度に暴力的な画像を、プロフィール画像、ヘッダー画像、または背景画像に使用することを禁じます。Twitterは、ツイートが不適切な画像/動画を含むものとして設定されていた場合、刺激の強いコンテンツの掲載を許可することがあります。コンテンツが不当な死に関連したものである場合、Twitterは亡くなられた方の尊厳を守るために削除を依頼する場合があります。

先日、Togetterでまとめられ話題になっていましたが、Twitterでは肌色の多い画像を自動的に規制するような機能も実装されているようですね。(参考:Twitterのエロ画像検出AIを検証 – Togetterまとめ

Twitterでは安全に利用してもらうために「セーフティーセンター」も開設しています。

source:Twitterルール / ITmedia