Apple「1970年1月1日」にすると再起不能になるバグを認める ― 次期アップデートで修正

iohone-bug.jpg

@JUNP_Nです。昨日より世界中で問題になっている「iPhoneの日付を手動で1970年1月1日に設定し、再起動すると操作不能になる」という深刻なバグをAppleが公式に認め、次期アップデートで修正する予定だと発表しています。

絶対ダメ!iPhoneの日付を手動で「1970年1月1日」にすると再起不能に

Iohone bug

先日もお伝えしたとおり、日本だけでなく世界中で「iPhoneの日付を手動で1970年1月1日に設定し、再起動をすると操作不能になる」という深刻なバグが話題になっています。

海外ではApple Storeに展示してあるiPhoneでこのバグを再現するというイタズラまで見られているようですが、Appleが公式にこのバグを認め、次期アップデートで修正すると発表しています。

国内でkの操作を行うと「iPhoneが高速化される」「通信制限が解除される」というようなデマ情報も拡散されているので、絶対に行わないように注意しましょう。

もしこのバグを再現してしまった場合の対処法

現在、このバグのせいで操作不能になってしまったという場合の対処法が見つかっています。

それは「バッテリー残量を一度ゼロにする」という方法です。このバグが日付の設定に起因していることから、iPhoneがもつ日付の設定を強制的にリセットすることで、復旧が可能になります。

バグにより再起不能になってしまった場合はお試し下さい。

source:Apple Support

関連する記事
関連するカテゴリ
Facebook
LINE@ "友だち追加"

スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

メール配信登録
ランキング