Apple、iPhoneをApple以外で修理すると使用できなくなる「エラー 53」に対応したiOS 9.2.1と対処法を公開

シェア数 アイコン 89

Apple、iPhoneをApple以外で修理すると使用できなくなる「エラー 53」に対応したiOS 9.2.1と対処法を公開

@JUNP_Nです。先日お伝えした「iPhoneをApple正規店以外で修理すると「エラー 53」が表示されて使用できなくなる」という問題ですが、Appleがこの問題に対応したアップデート「iOS 9.2.1 build (13D20)」とサポートドキュメントを公開しました。

「エラー 53」は不正な修理でAppleのセキュリティテストに合格していないという表示

Iphone error 53

先日、iPhoneのディスプレイ割れやホームボタンの修理をApple以外のお店(非正規店)で行った場合に「エラー 53」が表示され、使用できなくなるという問題が話題になっていました。

この問題の原因は「Touch ID」が行うセキュリティテストで、交換したパーツが不正なものと判断された場合に「エラー 53」が表示されます。

「エラー 53」が表示されると、最悪の場合は使用不能になってしまうと話題になっていたところ、Appleがこの問題への対策として新しい「iOS 9.2.1 build (13D20)」を公開、対処法についてもサポートドキュメントが発表されました。

「エラー 53」が表示された場合の対処方法

「iOS 9.2.1 build (13D20)」のアップデートを適用してください。このアップデートを適用することで、Mac(もしくはWindows)のiTunesからデバイスの復元を行うことができます。

  • Mac(もしくはWindows PC)に最新のiTunesがインストールされているか確認
  • iPhoneをMac(もしくはWindows PC)と接続する
  • iTunesでデバイスを選択し「復元」もしくは「アップデート」を選択 ※「アップデート」が表示された場合は「アップデート」を選択
  • Appleのロゴ画面から進まない場合は強制再起動(スリープボタンとホームボタンを10秒以上同時に長押し)します
  • 「こんにちは」の画面が表示されたら完了

「エラー 53」が表示される前にTouch IDが機能していなかった場合は、復元後もTouch IDは動かないので、Appleへ問い合わせが必要です。

また「エラー 53」の症状でAppleで有償修理を行っている場合はAppleから返金が行われているので、こちらもAppleへ問い合わせが必要になります。

エラー 53 が表示され、iPhone または iPad が「iTunes に接続」画面から進まなくなった場合 – Apple サポート