Mountain LionでGrowlを使っている人は必見!ほぼ完璧にGrowl通知を通知センターに流してくれる「Bark」

2012年8月31日 シェア数 アイコン 195

Mountain LionでGrowlを使っている人は必見!ほぼ完璧にGrowl通知を通知センターに流してくれる「Bark」

@JUNP_Nです。Mountain Lionより導入された通知センター。これによってGrowlでの通知がうまく使えなくなって色々なアプリや方法を試してきたユーザーが多いと思いますが、Barkの導入が現段階で最も間違いない選択かもしれません。

導入はとても簡単。これだけでGrowl対応アプリが通知センターにちゃんと表示される。

「Growl」対応アプリを通知センター内で表示するためにメジャーな方法だったのが「Hiss」ですが、BarkはよりMountain Lionの通知センターに自然に馴染む感じで利用することができそうです。

利用方法はダウンロードしたインストーラーを起動してインストールします。

Bark-1

犬のアイコンかわゆす。

インストールが完了したらGrowlの設定画面から表示スタイルをBarkに設定するだけです。

Bark-2

Hissと違って通知センターにGrowlとしてまとめられないでアプリケーション毎に分けて表示してくれるというのがBarkの特徴。

正式にGrowlがコレに対応してくれるのが先か、各種アプリケーションが通知センターに標準対応するのが先か。何にせよ現段階ではBarkが最も通知センターを使う際に適していそうです。

お試しください。

参考:Growl対応のアプリをほぼ完璧に通知センター対応にしてくれるGrowlスタイル『Bark』 – Macの手書き説明書