自己管理にお試しを!アプリの使用時間を記録できるアプリ「AppTime」

シェア数 アイコン 161

自己管理にお試しを!アプリの使用時間を記録できるアプリ「AppTime」

@JUNP_Nです。Macで自分がどのアプリをどのくらいの時間使っているのか記録することができるアプリ「AppTime」がリリースされ、現在リリース記念で無料になっていたので試してみました。

Macで何に時間を使っているかが見えてくる!ブラウザの利用時間が半分以上だった……

Macapp apptime

休みの日となればMacの前に1日中いることも多いのですが、1日Macの前にいて一体何してるの?ということが見えてくるアプリの使用時間を記録できるアプリ「AppTime」が公開されました。

現在、リリース記念で無料ダウンロードが可能だったので早速インストールして1日過ごしてみました。AppTimeができるのはアプリケーション毎の使用時間を計測してレポートするだけのシンプルなアプリです。

以下が実際にAppTimeが記録したアプリの使用時間。僕の場合はChromeを使っている時間が51%でした。次いでEvernote、MarsEdit、TweetbotとReederが続きました。

Macapp apptime 1

自分の習慣が見えてくるのでアプリの使用時間を記録してくれるのは面白いですね。僕はChromeでFeedlyを見ている時間が圧倒的に長く、その次がブログを実際に書いている時間。情報収集に膨大な時間が取られていると客観的に魅せられました。

セール期間は不明なので、興味のある人は早めにダウンロードを!

AppTime

AppTime

  • カテゴリ : 仕事効率化 , ユーティリティ
  • 販売元 :Jiri Pletanek

もっと詳細なトラッキングをしたいなら「Timing」というアプリもあります

有料のアプリになりますが「Timing」というアプリもトラッキングすることができるアプリです。アプリ毎にグループ分けしておけば、自分がどれだけ仕事してるか、サボってるかが一目瞭然になります。

Timing

3,000円と少し高いアプリですが、この手のアプリは「自分がどれだけ不要なことをしているか」を視覚化できることなので、アプリの料金程度はすぐに取り戻せそうです。