「MacBook Pro」不具合による無償交換プログラムを2016年12月までに延長

シェア数 アイコン 387

「MacBook Pro」不具合による無償交換プログラムを2016年12月までに延長

@JUNP_Nです。Appleが2015年2月から行っている「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」の期間を2016年12月まで延長したようです。対象になっているMacBook Proを利用しているユーザーはお早めに!

ディスプレイが歪む、突然の再起動などの不具合が出ているMacBook Proユーザーは要チェック

Macbook pro

本プログラムは、MacBook Pro の最初の小売販売日から 4 年間または 2016 年 12 月 31 日まで (いずれか期間の長い方)、対象となる MacBook Pro モデルに適用されます。

この不具合で起こる問題としてAppleが発表しているのはディスプレイの歪みや、突然の再起動など。

  • コンピュータ画面のビデオ (画像) が歪んだり乱れたりする
  • コンピュータはオンになっているのに、コンピュータ (または外付けディスプレイ) の画面に何も表示されない
  • コンピュータが突然再起動する

リペアエクステンションプログラムの対象となるMacBook Proは以下のとおりです。

  • MacBook Pro (15-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (15-inch, Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2012)
  • MacBook Pro (17-inch Early 2011)
  • MacBook Pro (17-inch Late 2011)
  • MacBook Pro (Retina, 15 inch, Early 2013)

自分のMacBook Proが対象のモデルか調べるには「保証状況とサービス期間を確認する – Apple サポート」から行うことができます。

Macbook pro repair

お使いのMacBook Proのシリアル番号(メニューバーの「」から「このMacについて」で確認)を入力するだけでOKです。

対象のモデルであっても不具合が確認されない場合もあるようですが、不具合が出ていない場合は修理手続きは不要と案内されています。このプログラムを利用せずに修理を行ってしまったユーザーには修理費用が返金されるためAppleが連絡をしています、連絡が来ていないという人はAppleに連絡してみましょう。

MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム – Apple サポート

「対象のMacじゃないけどMacが動かない」という人はこちらをお試し下さい

「Macが起動しない」のような不具合が起こった人はこちらの記事を参考にしてください。これで直らなかったらAppleに持ち込んで工場行き確定です。