【マジか】iPhone 7、防水仕様でも「液体による損傷は保証の対象外」

シェア数 アイコン 87

【マジか】iPhone 7、防水仕様でも「液体による損傷は保証の対象外」

@JUNP_Nです。iPhone 7、iPhone 7 Plusでは待望の「防水」仕様になりました。しかもIP67等級とういうことで「防水・防塵」です。ですが、Appleによると水での故障は保証の対象外になるそうです。

iPhone待望の防水!でも、水の故障は保証の対象外ってどういうことなの!?

Iphone 7 7

もう何年も「iPhoneが早く防水にならないかな」と待ち望んでいた人は少なくないはず。先日発表された「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」では、とうとう防水になったことが発表されました。

事前から噂されていただけあって、素直に喜んだのですが、Appleの公式サイトを見てみると、何やら不穏な記載がありました。

iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。iPhoneが濡れている場合は充電しないでください。クリーニングと乾燥の方法についてはユーザガイドをご覧ください。液体による損傷は保証の対象になりません。

  • 説明を要約すると以下のようになります。
  • iPhone 7の「防沫性能、耐水性能、防塵性能」は永続的に維持されない
  • 通常使用で低下の可能性がある
  • iPhoneが濡れている時に充電はしないで
  • 液体による損傷は保証外

ということでした。まさかの「液体による損傷は保証外」という記載。通常使用で劣化するのであれば仕方ないのかなと納得もできます。水の心配が完全になくなったとは思わないほうがいいのかもしれません。

「IP67」というのはどういう規格?

iPhone 7、iPhone 7 Plusが適合している「IP67」という等級は「粉塵が内部に侵入しない」「一定の水圧で一定時間(30分間)水中に浸けても有害な影響がない」というものです。

また、「管理された状況下でのテストにおいて〜」ということなので、例えば「お風呂の中」のような特殊な環境での利用は想定されていません。

防水になったからお風呂でも安心!となるのは少し注意が必要になりそう。Appleによると乾燥の方法についてユーザーガイドに記載しているそうなので、購入したら確認したほうがいいかも。