今まで見えてこなかった「iPhone X」の進化がよくわかる、先行レビューで見えてくるものは?

シェア数 アイコン 65

今まで見えてこなかった「iPhone X」の進化がよくわかる、先行レビューで見えてくるものは?

11月3日に発売開始となる「iPhone X」の情報が解禁され、国内のメディアで続々と先行レビュー記事が公開されています。見渡してみると、iPhone Xの先行レビューを国内で書いているのはジャーナリストの松村太郎氏のみのようです。(10月31日時点)

これが「iPhone X」が見せた進化、国内で先行レビューが公開

iphone-x

iPhone10周年で大きな進化を遂げた「iPhone X」が11月3日より発売されます。発売に先駆けて、国内メディアで「先行レビュー」記事が公開され始めています。

これまで各社こぞって公開してきたiPhone先行レビュー記事ですが、今回はジャーナリストの松村太郎氏(@taromatsumura)によるレビュー記事しか公開されていない様子。(10/31時点)

(追記)国内先行レビューの第2弾が順次公開されています。(11/1)

iPhone X 最大のポイントでもある有機ELディスプレイを搭載した「Super Retina ディスプレイ」と従来の「Retina ディスプレイ」との違い、話題の顔認証「Face ID」の使用感、ホームボタンがなくなったことで操作感はどうかわるのか。

公開されている先行レビュー記事は以下。(随時更新)

先行レビューによると「Super Retina ディスプレイ」によって色の再現、特に「黒」が凄い。ホームボタンがない操作は30分で慣れるが、これまで使い慣れたホームボタンのほうが素早い操作ができるユーザーは多そう、本体サイズを考えると重量はそこそこ感じる。

望遠の手ぶれ補正は強力、ポートレートセルフィ撮影も良い。Face IDはロック解除がワンテンポ遅れるが、認識率はTouch IDより向上している……などなど、気になっていたポイントが明らかになっています。

松村太郎氏による、iPhone Xの使用感

国内メディアに先行レビュー記事を公開している松村太郎氏ですが、自身のTwitterやInstagramでも実際の使用感を投稿しています。

「iPhone X」のカメラによる作例

また、松村氏はiPhone Xで撮影した写真も投稿。先行レビュー記事ではセルフィーでポートレート撮影を行なった写真も掲載されていましたが、やはり望遠の手ブレ補正いいですね。やや広角になったのは知らなかった。