WWDC 2018では新製品の発表はない? 米Bloomberg報道

シェア数 アイコン 30

WWDC 2018では新製品の発表はない? 米Bloomberg報道

米Bloombergが、6月5日(日本時間)より開催する開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」では新しいハードウェアの発表はされない見通しだと報じています。

まもなく開催される「WWDC 2018」では、”iPhoneの中毒化を予防する機能”が追加?

wwdc-2018
Apple Events – WWDC Keynote, June 2018 – Apple

Appleが6月5日(日本時間)より開催する開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」では、「iPhoneの中毒化」を予防する機能が発表されるようだと米Bloombergが報じています。

iOS 12には「デジタルヘルス」に関連する項目が「設定」アプリのメニューに含まれているとのこと。Googleも5月に行われた開発者向けカンファレンス「Google I/O」で、スマホ中毒の対策について発表しています。

また2020年に登場予定のApple ARヘッドセットを見据え、「ARKit 2.0」が発表されるとのこと。他のユーザー同士が同じ仮想空間内でもお互いにARゲームをプレイできるようになる新モードを計画しているといいます。

新しいハードウェアを発表している時間はない?

過去のWWDCでは、Macなどのハードウェアのアップデートが発表されることが多く、昨年はiMac Proや新しいiPadなどが発表されていました。

ですが、今回は新しいハードウェアを発表している余裕はないのではないか、と米Bloombergは伝えています。

登場が期待されていた新しいMacBook Proや新型MacBook Airなどは計画中だとしつつも、Appleの計画に詳しい人物からの話として、今年の後半までは準備ができないだろうとしています。

またFaceI Dを搭載したiPad Proも開発中ではあるものの、発表にはまだ時間がかかりそうだということです。