Twitter公式アプリでデータ通信量を自動で減らす「データセーブ」の使い方

シェア数 アイコン 50

Twitter公式アプリでデータ通信量を自動で減らす「データセーブ」の使い方

Twitter公式アプリでのデータ通信量を自動的に減らすことができるオプション「データセーブ」が正式に追加されています。

Twitter公式アプリに「データセーブ」機能が正式追加

twitter-datasave
「データセーブ」が正式に追加

Twitter公式アプリ(iOS/Android)で、データ通信量を自動的に減らすことができる「データセーブ」機能が正式に追加されました。

「データセーブ」をオンにすることで、Twitter公式アプリに登録されているすべてのアカウントで、動画の自動再生を行わない設定や、画像を低画質で読み込む設定に変更されます。

また、これまでもデータ通信量を抑える設定項目として「画像のプレビュー」のオン/オフ、「動画の自動再生」「高画質動画」をWi-Fi接続時のみにするといった設定がありましたが、新たに「高画質画像」の表示設定も追加されています。

Twitter公式アプリで「データセーブ」の使う方法

Twitter公式アプリのメニューから 設定とプライバシー を選択します。続けて、基本設定にある データ利用の設定 を選択します。

Twitter datasave 1
Twitter datasave 2
設定から「データ利用の設定」を選ぶ

すると画面上部に データセーブ が表示されるのでオンにすれば設定完了。すべての項目のデータセーブが有効になります。

Twitter datasave 3
Twitter datasave 4
自分の環境にあわせて個別に設定するのが◎

動画の自動再生だけを止めたい、Wi-Fi接続時にはデータセーブをオフにしたい、など各項目ごとに設定することもできるので、自分の環境にあわせて設定してください。