PayPay、クレカ不正利用対策で入力回数に制限 批判殺到のヘルプページも修正

シェア数 アイコン 46

PayPay、クレカ不正利用対策で入力回数に制限 批判殺到のヘルプページも修正

クレジットカードの不正利用に利用されていることで問題視されていたQRコード決済サービス「PayPay」は12月18日、アプリからクレジットカード情報を入力する際、入力回数に制限を設けたことを発表しました。

PayPay、クレジットカード情報の入力時に回数制限を設定

paypay-credit-card
画像はPayPay公式サイト

QRコード決済サービス「PayPay」を経由して、クレジットカードの不正利用が多発している問題で、PayPayは12月18日、アプリにクレジットカード情報を入力する際に、入力回数制限を設定したと発表しました。

Twitterなどネット上では12月11日頃からPayPayを経由した「身に覚えのないクレジットカードの請求」が発生していると、多くの報告があがっていました。

PayPayがクレジットカード不正利用に悪用されているという問題について、Twitterでは「有効期限とセキュリティコードを何度も数字変えて間違ってもロックがかからない」といった指摘がされていました。

またPayPayのアプリもアップデートされたといい、12月18日以降の利用にはアップデートが必要だと案内しています。

クレカ不正利用「ご家族や知人に確認を」と案内し批判されていたヘルプページも修正

クレジットカード不正利用の問題について、PayPayはヘルプページで、PayPayを利用していないユーザーやアプリ内に決済履歴がなかった場合、「お客様の携帯電話やクレジットカードを知りえるご家族様や知人のかたの利用の可能性についてご確認ください」と案内し批判が殺到していましたが、こちらの文章も修正されています。

paypay-credit-card-2
クレジットカードに利用した覚えのないPayPayからの請求がきた

修正された文章では文頭を「念のため、お客様の携帯電話やクレジットカードを知りえるご家族様や知人のかたの利用の可能性についてご確認いただけますと幸いです」としています。