2019年の新型iPhoneのデザインはこうなる?3つのカメラを搭載したレンダリング画像が公開

シェア数 アイコン 34

2019年の新型iPhoneのデザインはこうなる?3つのカメラを搭載したレンダリング画像が公開

2019年に登場するとみられる新型iPhoneの最新レンダリング画像が公開されました。著名なリーカーSteve H.McFly氏(@Onleaks)とテック系メディア「Digit.in」の協同で作成されたもの。Appleのリーク情報で定評のあるBen Geskin氏もレンダリング画像を作成し公開しています。

次期iPhoneは背面カメラは3つのレンズを搭載か

iphone-xi-rumour-1
Ben Geskin氏が公開したレンダリング画像

著名リーカー・Steve H.McFly氏(@Onleaks)のリーク情報をもとに、テック系メディア「Digit.in」が2019年に発表される新型iPhoneのレンダリング画像を公開しました。

この情報をうけ、同じく著名なリーカー・Ben Geskin氏もレンダリング画像を公開。情報によると背面に正方形のカメラユニットが配置され、トリプルカメラが採用されるとのこと。

iphone-xi-rumour-3
画像はDigit.inより

2つのカメラが縦に並び、3つ目のカメラが右側に。LEDフラッシュとマイクは3つ目のカメラの上に配置。なお現時点では初期段階でのデザインだといい、発表までにデザインが変更される可能性があります。

このレンダリング画像がiPhone XSの後継になるのか、iPhone XS Maxの後継になるのか、詳細は明らかになっていませんが、最上位機種の位置付けであるiPhone XS Maxはトリプルレンズになると見られています。

トリプルレンズにすることで、3Dモデルの作成やAR、VRに大きな影響を与える可能性があるといい、当然ながらカメラ性能の向上も予想されています。

新型iPhoneではディスプレイ上部の”ノッチ”が小さくなる可能性も

新型iPhoneではトリプルレンズの他にも、ディスプレイ上部のノッチ部分の小さくなると言われています。

Lightning端子が廃止され、新型iPadのようにUSB-Cポートを搭載するようになる可能性や、一部では廃止された指紋認証「Touch ID」が復活するという信じがたい情報も。

トリプルレンズを搭載するにしても、もう少しスマートなデザインにしてもらいたいですね。(HuaweiのMate 20 Proよりはマシと言う意見もありますが……)