「iPhnoe 11」「iPhone 11 Pro」先行レビューまとめ、iPhoneでも”玉ボケ”が出るように

「iPhnoe 11」「iPhone 11 Pro」先行レビューまとめ、iPhoneでも”玉ボケ”が出るように

Appleが9月20日に発売する「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」ですが、国内メディアの先行レビューが解禁されています。各レビュー記事、気になったポイントをまとめてみます。

「iPhone 11」シリーズ、ポイントは「カメラ」「オーディオ」「ディスプレイ」「バッテリー」

Apple_Keynote-Event_Tim-Cook_091019

Appleが9月20日に発売する「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」の先行レビュー記事が解禁されています。

多くのユーザーが気になっている「超広角カメラ」の性能や「ナイトモード」といったカメラ関連の性能向上について触れている記事が多く、「iPhone 11」シリーズで撮影した作例も多数公開されています。BuzzFeed Japanの嘉島唯氏のレビューによると、「iPhone 11 Pro」は玉ボケが撮影できるようになったとのこと。

また西田宗千佳氏は「iPhone 11 Pro」のディスプレイの向上やDolby Atmosに対応をあげ、「ハイエンドだからではなく『AV価値が大きい』からこそ、Proを選ぶべきだ」と評価しています。

他にもバッテリー駆動時間が大幅に伸びていることや、Face IDの認証速度が体感で倍速になっているというレビューも。以下、国内メディアで公開されたレビュー記事をまとめておきます。

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」先行レビュー記事まとめ

林信行氏

「使う人のクリエイティビティーを開花させるカメラ機能」

ITmedia PC USER

松村太郎氏

「まるで高級コンデジをポケットに入れる感覚」

Engadget 日本版

「何を撮ってもドラマティック。もはや一眼レフカメラも、GoProも必要ないと思えるほどに、非線型の進化を遂げてしまった」

HYPEBEAST. JP

「肉眼で見えるかどうか怪しい星まで捉えてくれる」

東洋経済オンライン

西田宗千佳氏

「ハイエンドだからではなく『AV価値が大きい』からこそ、Proを選ぶべきだ」

AV Watch

「ナイトモードが使えない。これが『13mmのカメラのほぼ唯一の制約』といっていい」

BUSINESS INSIDER JAPAN

「『フレームの外側』を見ながら撮影できるのはちょっと新鮮」

Engadget 日本版

「5Gが完全に普及する2〜3年後まで使い続ける『4G世代iPhoneの完成形』として選ぶなら、十分アリな製品だ」

ブルーバックス

嘉島唯氏

「Pixelのボケも綺麗ですが、iPhoneでは玉ボケが出来ています」

BuzzFeed Japan

石川温氏

「弱点が克服され、完成度が増している」

ASCII

「景色と子供を一緒に画角に収められることがこんなにも便利で素晴らしい写真になるとは思いもしなかった」

Engadget 日本版

「iPhoneが映像の世界に革命を起こすかもしれない」

BUSINESS INSIDER JAPAN

「とにかく失敗写真を作り出さない、というAppleのカメラチームの気概を感じる」

CNET Japan

本田雅一氏

「iPhone 11とiPhone 11 Proの違いをもっとも感じたのは、実はバッテリの持続時間」

Engadget 日本版

「(ナイトモードは)想像よりもずっと実用的な撮影モードだ」

ITmedia PC USER

石野純也氏

「最新のハイエンドモデルが7万4800円(税別)からというのは、まさに破格」

ITmedia Mobile

「カメラの操作性が格段に向上」

毎日新聞「経済プレミア」

「日本で利用する場合、ドコモ回線では下り最大約1.4Gbps、au回線では1Gbpsと、ついにギガビットを超えました」

Engadget 日本版)

磯修氏

「長くカメラで写真撮影を楽しんできた人ほど『常識外れ』だと感じる驚きの機能」

マイナビニュース

井上晃氏

「iPhone 8やiPhone 7から新機種に乗り換えを検討する場合には、まさに狙い目です」

Engadget 日本版

「iPhone 11 Pro Maxの大画面は電子漫画を読んだり、映画を視聴するにはベストなサイズ感」

GetNavi web

「(Face IDが)体感的では、倍速になっている」

&GP)