くら寿司、不適切動画の従業に2名に退職処分 法的措置も準備 “理由”に称賛の声

2019年2月9日 シェア数 アイコン 34

くら寿司、不適切動画の従業に2名に退職処分 法的措置も準備 “理由”に称賛の声

回転寿司チェーン店「無添くら寿司」を運営する株式会社くらコーポレーションは2月8日、インターネット上に投稿されたアルバイト従業員による不適切動画について、従業員2名を退職処分にしたと発表。刑事、民事での法的措置の準備に入ったと報告しています。

くら寿司の不適切動画、関与した従業員2名を退職処分に

kurasushi-1
SNSで拡散されていた動画(※画像の一部は筆者加工)

回転寿司チェーン店「無添くら寿司」を運営する株式会社くらコーポレーションは2月8日、無添くら寿司守口店で不適切行動をとった従業員2名を退職処分にすると発表しました。

不適切行動を撮影した動画はネットに投稿され拡散しており、同社は民事、刑事での法的措置の準備に入ったことも報告しています。

退職処分、法的措置の準備に入った理由として、(1)上場企業としての責任を果たし、全国で共に働く約33,000人の十条委員の信用回復の為、(2)多発する飲食店での不適切行動とその様子を撮影したSNSの投稿に対し、当社が一石を投じ、全国で起こる同様の事件の再発防止につなげ、抑止力とするため、と説明しています。

SNSでは同社の発表をうけ、くら寿司に称賛の声が続出。「理由がかっこいい」などの声が寄せられていました。

くら寿司、信頼回復に向け「全国勉強会」などを実施へ

今回の騒動をうけ、くら寿司は携帯電話・スマホートフォン・SNSに関するルールの再徹底を含む「勉強会」をくら寿司全店舗にて行うと発表。対象店舗は日本・アメリカ・台湾の合計463店舗(全従業員33,000人)。

勉強会の内容としては「携帯・スマホ・SNSに関するルールの再徹底」「SNSが拡散、炎上した場合の企業および個人に対しての影響と処分」「衛生・食材の取り扱いに関する基本の再徹底」としています。