Apple「WWDC 2019」は6月3日から開催か、iOS 13など発表へ

Apple「WWDC 2019」は6月3日から開催か、iOS 13など発表へ

Appleが毎年6月頃に開催している開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」が、6月3日から開催されるようだとMacRumoursが報じています。

「WWDC 2019」は6月3日から開催で確定?

WWDC-2018-Wrap-Up_Tim-Cook_06042018

Appleが毎年6月頃に開催する開発者向けカンファレンス「WWDC 2019」が、6月3日〜7日に開催されるようだとMacRumoursが報じています。

会場は米カリフォルニア州のサンノゼ マッケンナリー コンベンションセンターで、イベントカレンダーにApple名義で「Team San Jose 2019 WWDC」が登録されていたことも確認されています。(現在は削除)

Appleは昨年の「WWDC 2018」の開催を3月13日(現地時間)に正式発表しており、今年も同じであれば1カ月前くらいに正式発表されると予想されています。

WWDC 2019ではiOS 13やmacOS 10.15などが発表予定

なお「WWDC」は開発者向けカンファレンスであるため、例年通りであればiOS 13、macOS 10.15、watchOS 6、tvIS 13などが発表されます。

Appleが3月29日に開催すると報じられたスペシャルイベントでは新製品の発表はされないという見方が強く、新型「iPad mini」などの発表はWWDCにずれ込むなんてことも?