もしかして「iPhone SE2」?2020年の「iPhone」にiPhone XSより小さいモデルが登場か

もしかして「iPhone SE2」?2020年の「iPhone」にiPhone XSより小さいモデルが登場か

2020年に登場するiPhoneは3モデル展開で、すべてのモデルが有機ELディスプレイを搭載し、最も小さいモデルは5.42インチになるとDigiTimesが伝えています。

2020年に発売されるiPhoneは3モデル展開に?

iPhone-se-2-notch-1
画像はPhone Arenaが作成したイメージ画像

2020年に登場するiPhoneは3モデル展開となり、5.42インチ、6.06インチ、6.67インチになるようだと、DigiTimesが伝えています。

5.42インチモデルの有機ELディスプレイには、Samsung DisplayのY-OctaまたはLG DisplayのTOE Technologyが採用される可能性があり、どちらを採用した場合もディスプレイのコスト削減に貢献するとのこと。

現在の最新機種「iPhone XS」は5.8インチ(5.85インチ)なので、5.42インチが登場するということはiPhone XSよりも小型なモデルが登場するということに。

これは出る出ると期待されながらも発表されない「iPhone SE2」なのか?仮にそうだったとしても2020年は遠い……。

2019年も3モデル展開と予測されているが、現行モデルとサイズは変わらず

2019年に登場するiPhoneについては、現行モデルと変わらず、5.8インチ、6.1インチ、6.5インチの3モデル展開になるというのが最新の予測。

スペックについては「トリプルレンズカメラ」搭載という情報や、Lightningが廃止されUSB-Cが採用される可能性も。昨日には「双方向ワイヤレス充電」に対応するという情報も伝えられています。