2020年に登場する”小さいiPhone”とiPhone XSのサイズを比較

2020年に登場する”小さいiPhone”とiPhone XSのサイズを比較

Appleの情報に詳しい著名アナリストのMing-Chi Kuo氏による最新予測によって明らかになった「2020年のiPhone」について、リーク情報に定評のあるBen Geskin氏がサイズの違いがわかるレンダリング画像を製作しています。

2020年はiPhone XSより小さいモデル、iPhone XS Macより大きいモデルが

iphone-rumour-34-1
画像はBen Geskin氏のTwitterより

Appleの情報に詳しい著名アナリストのMing-Chi Kuo氏による最新予測では、2020年に登場するiPhoneは5.4インチ、6.7インチのハイエンドモデル、6.1インチのローエンドモデルの3モデル展開となると報じられています。

予測では現行モデルとディスプレイサイズを比較すると、iPhone XSに相当するモデルは5.8インチから5.4インチと小さく、iPhone XS Maxに相当するモデルでは6.5インチから6.7インチと大きくなるとされており、ともなって本体サイズも変化すると見られています。

小さいモデルは、出ると言われながらもいつまでたっても音沙汰のない次期「iPhone SE」に変わるモデルになるのでは?と期待が寄せられていますが、リーク情報に定評のあるBen Geskin氏がレンダリング画像を公開しています。

あわせて、現行モデルのiPhone XS、iPhone XS Maxとのサイズを比較できる画像も公開。小さい5.4インチモデルは際立って小さくなったように見えますが、大きい6.7インチモデルはそれほど大きくなったように見えません。

iphone-rumour-34-2
画像はBen Geskin氏のTwitterより

あくまで本体のデザインが大幅に変更されなかった場合が前提ではありますが、iPhone SEを待ち望んでいたユーザーにとっては評価が高そうなサイズ感に見えます。

Kuo氏の予測によると、すべてのモデルはOLED(有機ELディスプレイ)を搭載。ハイエンドモデルの2機種(5.4インチ、6.7インチ)については、5Gに対応するということです。

2020年のiPhone「大きいモデル」「小さいモデル」どちらが人気に?

Ben Geskin氏は自身のInstagramとTwitterで「2020年のiPhone」の人気投票を実施。Ben Geskin氏のフォロワーには、大きいモデルの6.7インチが人気があるようです。