「握手会中に水を掛けて妨害」「卑猥な質問や直接的に胸を触る」ヒーローショーの”お姉さん”がセクハラとパワハラを告発

「握手会中に水を掛けて妨害」「卑猥な質問や直接的に胸を触る」ヒーローショーの”お姉さん”がセクハラとパワハラを告発

2019年6月24日

ヒーローショーの聖地として知られる東京ドームシティの「シアターGロッソ」でヒーローショーのお姉さんを務めていた中山愛理さんが6月23日、自身のTwitterを更新。ヒーローショーの裏側でセクハラやパワハラがあったと告発する内容の投稿をし、物議を醸しています。

「入った当初からの度重なる嫌がらせとセクハラに黙って1年耐えていた」

nakayama-eri-1
中山愛理さんのTwitterより

「シアターGロッソ」でヒーローショーのお姉さんを務めていた中山愛理さんが6月23日、Twitterを更新。ヒーローショーの裏側で、セクハラやパワハラに耐えてきたことを明かし、物議を醸しています。

「シアターGロッソ」はヒーローショーの聖地として知られる場所。中山さんは、リュウソウジャーの公演を卒業したことを報告するとともに、卒業の理由について説明。

「入った当初からの度重なる嫌がらせ(基本的に挨拶も無視、握手会中に水を掛けて妨害する、など)と、セクハラ (男性器のあだ名をつけて呼ぶ、すれ違い様にお尻を揉む、避けられない空間での卑猥な質問や直接的に胸を触る、など)に黙って1年耐えていた」といい、「それも不愉快だったのかゴールデンウィーク明けに『力不足なのでもう来なくていいです』と言われてそれっきりです」と告白。

nakayama-eri-2
ヒーローショーの聖地「シアターGロッソ」公式サイト

中山さんは「わたしの力不足に間違いありません」としながらも、「しかしそれ以上に許してはいけないことが沢山ありました」「特に性的な嫌がらせは、気にしていない、怒っていないフリをし続けなければいけませんでした」「お客様のおかげでお仕事は楽しかったけれど、胸を張って子供たちの前に立つには、少し辛かったのも事実です」とコメント。

続けて「楽しいことに水を差してしまって本当にごめんなさい」「どうか少しでもいい方向に、子供たちの未来に希望を抱ける正しい社会になりますように」とつづっています。

記事公開時点でシアターGロッソからの公式な発表は行われていませんが、シアターGロッソの公式Twitterにはファンから批判や説明を求める声が多数寄せられています。

(6月26日 追記)ヒーローショーを運営する東京ドーム、および制作する東映エージェンシーからコメントが発表されました

ヒーローショー"お姉さん"がセクハラ告発、東京ドームと東映がコメント「事実であれば誠に遺憾」

中山愛理さんによる告発ツイート