ヒーローショー”お姉さん”がセクハラ告発、東京ドームと東映がコメント「事実であれば誠に遺憾」

ヒーローショー”お姉さん”がセクハラ告発、東京ドームと東映がコメント「事実であれば誠に遺憾」

2019年6月26日

東京ドームシティの「シアターGロッソ」で、ヒーローショーのお姉さんを務めていた中山愛理さんが、セクハラやパワハラがあったと告発した問題について、ヒーローショーを制作する東京ドームと東映エージェンシーが公式サイトでコメントを発表しています。

ヒーローショー"お姉さん"がセクハラとパワハラを告発、制作会社「事実であれば誠に遺憾」

toei

東京ドームシティー「シアターGロッソ」でヒーローショーのお姉さんを務めていた中山愛理さんが6月23日、自身のTwitterでセクハラやパワハラ被害を告発した問題を受け、制作した東京ドームと東映エージェンシーがコメントを発表しています。

ヒーローショーを運営する東京ドームシティは「ヒーローショーの運営におきまして、ハラスメント等の被害があったとSNS上での訴えがございました。この訴えの内容が事実であれば誠に遺憾であり、被害を訴えた方及びお客様にご迷惑、ご心配をおかけしておりますことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

ヒーローショーの制作をする東映エージェンシーは「事実であれば誠に遺憾であり、現在、調査・確認に着手させていただいております」とし、「被害を訴えた方、お客様及び株式会社東京ドームをはじめとする関係各社様にご迷惑・ご心配をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます」と謝罪。「確認結果につきましては、あらためてお知らせする予定でございます」と説明しています。

「男性器のあだ名をつけて呼ぶ「」「すれ違い様にお尻を揉む」「直接的に胸を触る」など被害訴え

中山さんは「入った当初からの度重なる嫌がらせと、セクハラに黙って1年耐えていた」といい、「基本的に挨拶も無視」「握手会中に水をかけて妨害する」「男性器のあだ名をつけて呼ぶ「」「すれ違い様にお尻を揉む」「避けられない空間での卑猥な質問」「直接的に胸を触る」などの被害を訴えていました。

また「お客様のおかげでお仕事は楽しかったけれど、胸を張って子供たちの前に立つには、少し辛かったのも事実です」と明かし、「楽しいことに水を差してしまって本当にごめんなさい」「どうか少しでもいい方向に、子供たちの未来に希望を抱ける正しい社会になりますように」とつづっていました。

シアターGロッソの公式Twitterには批判の声が殺到。「お姉さんのお尻を触っているかもしれない手と握手はさせてあげたくないです」「ヒーローショーやってるのに、悪人しか居ない」「そこは正義の見方気取りのクズどもの巣窟なのですか?」など厳しい声も寄せられています。