北海道新聞の黒電話マーク廃止が話題。「何のマークか分からない人が増えた」

北海道新聞の黒電話マーク廃止が話題。「何のマークか分からない人が増えた」

北海道新聞が、7月1日夕刊の記事から「黒電話マーク」を廃止したと、公式Twitterアカウントで発表。Twitter上では「時代の流れを感じる」などの声があがり注目されていました。

北海道新聞が黒電話マークを廃止。数年前から廃止の流れ

kurodenwa.jpg

北海道新聞が「黒電話マーク」を廃止したと、公式Twitterアカウントで発表。ネット上では、「時代の流れを感じる」などの声があがり注目されています。

とはいえ、黒電話マークは世の中的にも廃止されていく流れ。産経新聞では2018年秋から、黒電話マークを掲載しない方針に変更。2013年に策定された「標準案内用図記号」では、電話を表すピクトグラムは黒電話ではなく、受話器になっています。

2017年には「受話器アイコンの意味がわからない人がいる」という投稿が話題に。また保存の意味で使われていた「フロッピーディスク」のアイコンもわからないユーザーがいるとの指摘もあります。

北海道新聞は黒電話マーク廃止について、「これが何のマークか分からない人が増えたことなどが理由」と説明していますが、今後は電話を意味するピクトグラムはスマートフォンの形になっていくのでしょうか。

drip公認バリスタ