「ツイートの表示数」リロードで水増し可能と話題

「ツイートの表示数」リロードで水増し可能と話題

Twitterは12月23日、ツイートの表示数(インプレッション数)を投稿したユーザー以外でも閲覧できる仕様に変更。Twitterでは日本ユーザーから「承認欲求モンスターが生まれてしまう」などの反応が伝えられていましたが、ツイートの閲覧数はリロードすることで水増しできると話題になっています。

ツイートの表示数、いくらでも水増しできると判明。これ意味あるの?

twitter-imp

イーロン・マスク氏がTwitterのCEOに就任してからというもの、すごい勢いでプロダクトの変更が行われていますが、12月23日にはツイートの表示数(インプレッション数)が誰でも確認できるように変更されました。

これまでツイートの表示数は、自分のツイートのみ確認可能でしたが、現時点では他人のツイートの表示数を見ることができてしまいます。

イーロン・マスク氏はこの仕様変更に「(表示数が確認できるのは)動画では当たり前のこと」と前置きし、Twitterユーザーの90%以上は、ツイートを読むことはあっても、ツイートやリプライ、いいねをしていないと指摘。表示数を誰でも見れるようにすることは「Twitterが見かけ以上に活発だということがわかる」と説明しています。

表示数が誰でも確認できるようになったことで、日本のTwitterユーザーからは様々な声が上がっています。ITmedia NEWSでは「承認欲求モンスターが生まれてしまう」などの声があったと伝えています。

僕のように普段ほとんどツイートしていない「見る専」に近いユーザーは気にすることはあまりないのですが、可視化されることで「いっぱい表示されててすごい!」「いっぱい表示されたい!」みたいな心理になるだろうというのは理解できます。

しかし「ツイートの表示数」を水増しできる仕様が発見され話題になっています。ITジャーナリストの山口健太氏によると、ブラウザをリロードするだけで表示回数を水増しできるようです。

実際に試してみましたが、本当に増えました。Chromeブラウザのページをリロードする拡張機能などを入れて放置しておけば、閲覧数は勝手に増えていきます。

これで「承認欲求モンスター」になっても、水増しできるので安心ですね!

drip公認バリスタ