LINEアプリ、写真・動画の編集で「LINEスタンプ」「絵文字」を使う方法

LINEアプリ、写真・動画の編集で「LINEスタンプ」「絵文字」を使う方法

LINEアプリ(9.15.0)のアップデートが配信され、写真や動画編集の際に、LINEスタンプや絵文字を追加することができるようになりました。Twitterでは早速使ってみたという報告が続々とあがっています。

写真・動画編集時に「LINEスタンプ」「絵文字」が貼り付け可能になりました

LINE-stamp

LINEアプリの最新版(9.15.0)アップデートが配信され、LINEアプリ上で写真や動画を編集する際に、「LINEスタンプ」「絵文字」を貼り付けることができるようになりました。

一部のスタンプと絵文字は対象外ですが、多くのスタンプと絵文字が貼り付け可能。SNSでは早速使ってみたという報告があがっています。

LINE社の偉い人も「神神機能なのでみんなに使って欲しい」って言ってますね。

スタンプを貼り付ける方法は簡単。トーク画面から加工したい写真を選択し、画面右上のスタンプマークをタップします。

LINE-stamp-1

貼り付けることができるスタンプの一覧が表示されるので、好きなように貼り付けるだけ。

LINE-stamp-2

スタンプの一覧に購入済みのスタンプが出てこない場合は、スタンプ一覧の一番右に表示される歯車アイコンから「マイスタンプ」に移動して端末にダウンロードする必要があります。

写真・動画編集時にスタンプが貼れない場合は?

写真編集時にLINEスタンプを選択できないという人は、LINEアプリが最新版(9.15.0)になっているか確認。なお同機能はiOS先行リリースのため、9月3日時点ではAndroidでは利用できません。