2020年のiPhoneは新デザインを採用、5G対応でカメラ機能がアップグレードーー著名アナリスト予測

2020年のiPhoneは新デザインを採用、5G対応でカメラ機能がアップグレードーー著名アナリスト予測

Appleが2020年に発表する新型「iPhone」では、デザインが刷新され、5G通信をサポートし、カメラ機能がさらにアップグレードされると予測されています。Appleの情報に詳しいTFI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が最新のレポートで明らかにしています。

2020年のiPhoneはデザインも変わるかも?著名アナリストが報告

iphone-2020-6
Ben Geskin氏が公開した2020年に登場するiPhoneを再現した画像

2020年に登場する新型iPhoneは大幅なモデルチェンジになる可能性もありそう。

Appleが2020年に発表する新型「iPhone」シリーズの最大のセールスポイントは、「まったく新しいフォームファクタ設計」「5Gのサポート」「カメラ機能のアップグレード」の3つになるようです。

Appleの情報に詳しいTFI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏による最新の予測レポートが報告されています。

フォームファクタとは「コンピュータなどの電子機器で、筐体や部品の形状や寸法、端子の配置などの物理的な仕様や規格のこと」(IT用語辞典 e-Wordsより)で、2020年のiPhoneはデザインが刷新される可能性があります。

Kuo氏は新しいデザインとアップグレードされるカメラについて詳細は明かしていませんが、2020年のiPhoneではToFセンサーを搭載すると報告していました。ToFセンサーは光の反射を利用して、物体との距離を測定することができるため、ポートーレートモードでの撮影時のボケが向上やAR分野での応用などが期待されます。

2020年にはディスプレイ内蔵Touch IDも搭載される可能性

またBloombergは、Appleはディスプレイ内蔵型指紋認証(Touch ID)を開発中で、2020年の新型「iPhone」で採用される可能性があると報じています。

ディスプレイ内蔵型指紋認証はAndroid端末では少しずつ登場しています。Appleが開発中のディスプレイ内蔵型指紋認証は、ディスプレイの大部分で利用することができるとのこと。さらに顔認証(Face ID)も並行して機能するといい、ユーザーは指紋でも顔でも好きなほうで認証することができるようになります。

また2020年春に登場すると日本経済新聞などが報じている「iPhone SE」後継モデルは、「iPhone 8」と同じ形状で従来のTouch IDが搭載されると見られています。