iPhone 12(仮)はノッチがなくなって、Touch IDがディスプレイ内蔵で復活するらしい。残念ながらUSB-Cはまだ

iPhone 12(仮)はノッチがなくなって、Touch IDがディスプレイ内蔵で復活するらしい。残念ながらUSB-Cはまだ

2020年に発売される「iPhone 12」(仮)について、Appleのリーク情報に定評のあるBen Geskin氏がプロトタイプの情報を伝えています。数日前にはJPMorganのアナリストSamik Chatterjee氏も「iPhone 12は4モデル登場し、すべてが5Gをサポートする」と伝えていました。

iphone-2020
Ben Geskin氏のTwitterより

2020年に登場する「iPhone 12」(仮)のリーク情報が続々と伝えられています。Appleのリーク情報ではお馴染みBen Geskin氏によると、iPhone 12では遂にノッチ(画面上部の切り欠き)がなくなるそうだ。

さらに本体側面にある「サウンドオン/オフスイッチ」は縦に動作するタイプに変更されるようだ。残念ながらUSB-Cは採用されず、Lightningポートは健在。搭載されているiOSは「iOS 14.0(18A311)」とのこと。

この情報は2018年に「iOS 13」のリーク情報を伝えた実績のある情報提供者から伝えられたとBen Geskin氏は説明しています。

Ben Geskin氏は今年9月にも「iPhone 12はノッチがなくなる」と伝えており、ベゼル上部にFace IDとTrueDepthカメラが内蔵されると説明しています。

iphone-2020
Ben Geskin氏のTwitterより

またAppleの情報に詳しいTFI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏も、2020年のiPhoneはノッチ部分が小さくなると伝えています。また本体は「iPhone 4」のような金属製フレーム構造が採用される可能性があるとも伝えていました。

Touch IDがディスプレイ内蔵で復活するという情報が再び

他にもAppleはディスプレイ内蔵型の指紋認証の開発について台湾のメーカーと競技するようだと、経済日報が伝えています。Appleがディスプレイ内蔵型の指紋認証技術を開発中だという情報は、BloombergやMing-Chi Kuo氏も伝えていました。

経済日報によると、2020年に登場するiPhoneのうち、少なくとも1つのモデルで、Qualcommの超音波指紋センサー技術を採用する予定とのこと。しかし、2021年になる可能性もあるとしています。

なおTouch IDが復活したとしても、Face IDは並行して機能する形になると伝えられています。

「iPhone 12」は4モデル展開で、すべて5G対応

またJPMorganのアナリストSamik Chatterjee氏によると、2020年に登場するiPhoneは4モデル展開となるとのこと。さらに、すべてのモデルが5Gに対応し、有機ELディスプレイを採用するとも伝えています。

4モデルは、ハイエンドが2つ、ローエンドが2つという内訳。ハイエンドは6.1インチと6.7インチ、ローエンドは6.1インチと5.4インチになるそうだ。