「iPhone SE 2」「iPad Pro」「AirTag」など、「iOS 14」から関連情報が見つかる

「iPhone SE 2」「iPad Pro」「AirTag」など、「iOS 14」から関連情報が見つかる

2020年3月12日

Appleが今秋リリース予定の「iOS 14」の早期ビルドを入手したという米メディア9to5Macが、「iOS 14」内部からAppleが今後発表する予定のデバイスについての情報が見つかったと報告しています。

「iOS 14」内部から、Appleの最新デバイスに関する情報がリーク

apple

米メディア9to5Macが入手した「iOS 14」早期ビルドのコード内部から、Appleが今後リリース予定のデバイスについて示唆する情報が発見されています。

iPhone SE 2(iPhone 9)」は、Touch ID(指紋認証)を搭載し、Apple Payをエクスプレスカードに設定することが可能になるとのこと。iPhone 6にはエクスプレスカード設定がないため、新型への買い替えを促すねらいがあると予測されています。

新型「iPad Pro」については、iPhoen 11 Proのようなトリプルレンズとなり、ToFセンサーを内蔵。ToFセンサーは光の反射を利用して、物体との距離を測定することができるため、AR分野での応用や、ポートーレートモードでの撮影時のボケが向上が期待されます。

「Apple TV」には、Apple TV用の新しいワークアウトアプリ(コードネーム「Seymour」)が開発中だそう。ガイドが付いたワークアウトをダウンロードし、Apple TVで指導を受けることができるようになるとのこと。

未発表の新型デバイスとされる忘れ物防止トラッカー「AirTag」は、iOSから一括設定することができ、デバイスのバッテリーはユーザーが自分で交換可能だそうです。

「iOS 14」から発見された最新情報

「iPhone SE 2(iPhone 9)」について判明した情報

  • Touch IDを搭載
  • Apple Payをエクスプレスカードに設定可能

新型「iPad Pro」について判明した情報

  • トリプルレンズ仕様になる
  • ToFセンサーを搭載

「AirTag」について判明した情報

  • iOSから一括してセットアップ可能
  • ユーザがバッテリー交換できる

新型「Apple TV」について判明した情報

  • 新しいApple TVリモコン
  • 新しいワークアウトアプリ「Seymour」