「接触確認アプリ(COCOA)」配信開始

「接触確認アプリ(COCOA)」配信開始

厚生労働省は6月19日、新型コロナウイルスに感染した人と接触した疑いを通知する「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を配信開始しました。対応OSはiOS 13.5以上、Android 6.0以上。公開日から1カ月間は試行版(プレビュー版)とし、利用状況を参考にしつつ、デザインや機能の修正を予定しているとのこと。

「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」配信開始

cocoa-1

新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触した可能性を通知する、「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」が配信されています。

COCOAは、AppleとGoogleが共同開発したAPI(Exposure Notification Framework)を採用。スマートフォンのBluetooth通信を利用し、新型コロナウイルス感染症の陽性者と濃厚接触した可能性について通知します。

cocoa

個人情報やプライバシーに十分な配慮がされている設計で、「近接した状態」に関する情報は、端末から外部にでることはなく、プライバシーが確保されます。GPSなどの位置情報も利用されず、記録もされません。

厚生労働省などの行政機関や第三者が、接触の記録や個人の情報を利用・収集することはありません。

対応OSはiOS 13.5以上、Android 6.0以上(動作確認済の機種は下記のHPで順次掲載)となっています。

‎「新型コロナウイルス接触確認アプリ」をApp Storeで

公開日から1カ月間はプレビュー版、利用状況を参考に改善予定

なお、アプリの公開から1カ月間は試行版(プレビュー版)とし、利用状況も参考にしつつ、デザイン・機能などの修正を予定しているとのこと。

設定アプリの「プライバシー > ヘルスケア > COVID-19接触のログ記録」から、接触チェックの記録や接触ログの削除が可能です。

cocoa-3