iPhone SE(第1世代)並のサイズになりそうな「iPhone 12(5.4インチ)」の大きさを試せる壁紙

iPhone SE(第1世代)並のサイズになりそうな「iPhone 12(5.4インチ)」の大きさを試せる壁紙

Appleが今秋発表予定とされる次期iPhone(iPhone 12シリーズ)では、5.4インチが登場し、iPhone SE(第1世代)に近いサイズになることが予測されています。実際に手元に持ったらどの程度のサイズなのか、MacRumoursが手元で確認できる壁紙を公開しています。

5.4インチのiPhone 12が登場すると、現行モデルで最も小さいiPhoneになる

iphone-13-rumour.jpg
これは……!! いいサイズだ……!!

Appleが今秋発表予定とされている次期「iPhone」(iPhone 12シリーズ)では、4つのディスプレイサイズが存在し、最も小さい5.4インチはiPhone SE(第1世代)並のボディサイズになると予測されています。

これまでもダミーモデルやディスプレイパーツの写真がリークされていますが、実際に手にした時にどれくらいのサイズになるの気になるところ。リーク情報が正しければ、5.4インチの本体サイズはiPhone SE(第1世代)よりも縦横ともに大きくなるようです。

iPhone SE(旧モデル)並の手に収まるサイズ!「iPhone 12」5.4インチのディスプレイが流出か

現行モデルで最も本体サイズが小さいのは、4.7インチディスプレイのiPhone SE(第2世代)。5.4インチモデルはTouch IDを排除し、Face IDが搭載されるため、ホームボタンのあるiPhone SE(第2世代)よりも本体サイズは小さくなる見通し。つまり、5.4インチのiPhone 12が登場すると、最も小さいiPhoneになります。

iPhone 12(5.4インチ)のサイズ感を手元で確認できる

本体サイズをリアルにイメージするため、Face IDを搭載したiPhoneで5.4インチのサイズ感を確認できる画像をMacRumoursが公開しています。

画像を保存してカメラロールから全画面表示にすれば、リアルなイメージが確認できます。

iPhone SE(第1世代)と比べて遜色ない!とは言い切れないですが、手の大きい男性であれば片手操作もギリギリ可能なサイズかも。気になっている人はお試しください。