「MagSafe 充電器」クレジットカードなど破損の恐れ、充電前に取り外しを

「MagSafe 充電器」クレジットカードなど破損の恐れ、充電前に取り外しを

Appleの「iPhone 12」シリーズに搭載された「Magsafe」を利用した充電時に、背面にクレジットカードなどを収納できるケースを利用している場合、クレジットカードなどが破損する可能性があります。Appleは、充電時はデバイスの背面と充電器の間に、クレジットカードなどを挟まないように呼びかけられています。

「Magsafe 充電器」を使う場合はクレジットカードなどに注意

MagSafe-1.jpg
MagSafe対応iPhoneレザーウォレット

「iPhone 12」シリーズに搭載された「Magsafe」機能。iPhone本体の背面に強力な磁石な内蔵され、充電器や各種アクセサリーをピタッと取り付けられ、Lightningケーブルを接続することなく、最大15Wのワイヤレス充電が可能です。

便利な機能ではあるものの、クレジットカードなどとは相性が悪いようです。Appleサポートの公式文書では、「クレジットカード、セキュリティバッジ、パスポート、キーフォブを iPhone と MagSafe 充電器の間に挟まないようにしてください」と案内しています。

クレジットカード、セキュリティバッジ、パスポート、キーフォブを iPhone と MagSafe 充電器の間に挟まないようにしてください。それらのアイテムの磁気ストライプや RFID チップの破損につながる可能性があります。こうした破損しやすいアイテムを収納できるケースをお使いの場合は、それらのアイテムを充電前に取り出すか、デバイスの背面と充電器の間に挟まらないようにしてください。

Apple サポート

あくまで「充電時」の場合ではありますが、iPhoneと充電器の間にクレジットカードなどを入れたまま充電することは避けることが推奨されています。

Apple_iPhone12Pro-back-camera-magsafe-charger_10132020

Appleが販売する「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」では、「クレジットカードを安心して入れられるように、シールド機能も持たせました」と説明されていますが、Appleは「MagSafe対応iPhoneレザーウォレット」も取り外すように案内しています。

Magsafe充電では「金属製のケース」は非推奨。充電器が熱を帯びることも

磁気を利用した機能であることからか、Magsafe 充電器を利用する場合は「金属製のケース」「分厚いケース」も取り外すように案内。また、他のワイヤレス充電同様に、充電中はiPhoneやMagsafe充電器が熱を帯びることがあると警告しています。

バッテリーが熱くなりすぎた場合、バッテリー寿命を延ばすため、ソフトウェアが80%以上の充電を制限。温度が下がれば充電が再開されるとしています。