iOS版「LINE」にトークフォルダー機能が追加、トーク一覧を「友だち」「公式アカウント」など自動分類

iOS版「LINE」にトークフォルダー機能が追加、トーク一覧を「友だち」「公式アカウント」など自動分類

iOS版「LINE」の最新バージョン(10.19.0)で、LINEのトークルームを自動でフォルダ分けする「トークフォルダー」機能が追加されました。LINEの新機能をひと足先に試せる「LINE Labs」から利用可能。Android向けアプリでは今年5月から提供されていました。

増えすぎたトーク一覧が見やすくなる「トークフォルダー」機能

ios-line-talk-folder.jpg
LINEみんなの使い方ガイド

iOS版LINEアプリ(10.19.0以上)で、「トークフォルダー」機能が利用できるようになりました。LINEの新機能をひと足先に試すことができる「LINE Labs」の1つとして提供されています。

「トークフォルダー」はAndroid向けに5月から提供されていましたが、遅れること約半年、やっとiOS版にも追加されました。

「トークフォルダー」を利用すると、トーク一覧画面が「友だち」「グループ」「公式アカウント」「オープンチャット」の4カテゴリに分類され、トークルームを発見しやすくなります。

「トークフォルダー」の設定方法

「トークフォルダー」はLINEアプリ内の「設定」から、「LINE Labs」をタップし、「トークフォルダー」をオンにするだけ。

ios-line-talk-folder-1.jpgios-line-talk-folder-2.jpg
ホーム > 設定 > LINE Labs > トークフォルダー

注意点が1つ。「友だち」は友だちと1対1のトークルームのみで、トークグループにしていない3人以上のトークルームは「グループ」に表示されます。

なお、LINE Labsで提供される機能は予告なしに利用できなくなる場合があります。

LINE
LINE
カテゴリ
ソーシャルネットワーキング
販売元
LINE Corporation