「新語・流行語大賞」2020年の年間大賞は「3密」、トップ10は「鬼滅の刃」「ソロキャンプ」など

「新語・流行語大賞」2020年の年間大賞は「3密」、トップ10は「鬼滅の刃」「ソロキャンプ」など

2020年「『現代用語の基礎知識』選 ユーキャン 新語・流行語大賞」が12月1日に発表され、年間大賞は「3密」が選出されました。

2020年の新語・流行語大賞、年間大賞は「3密」

2020-ryukougo.jpg
「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン 新語・流行語大賞

1年間に発生した「ことば」のなかで、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語や、その「ことば」に深く関わった人物・団体を表彰する、「2020 ユーキャン新語・流行語大賞」が発表されました。

年間大賞には「3密」(都知事 小池百合子)が選ばれました。厚労省などが呼びかけた新型コロナウイルスの感染防止を目的とする新しい習慣/概念である「3密」は、当初広がりを見せなかったが、小池百合子知事が報道陣に「密です」を連呼したことが報じられ、ネット上で話題となり、関連コンテンツも登場しました。

2020年「新語・流行語大賞」トップテン

トップテンには「愛の不時着」「あつ森(あつまれ どうぶつの森)」「アベノマスク」「アマビエ」「オンライン○○」「鬼滅の刃」「GoToキャンペーン」「ソロキャンプ」「フワちゃん」が選出されています。

ノミネート語では、「新しい生活様式/ニューノーマル」「ウーバーイーツ」「香水」「NiziU」「BLM運動」などが選ばれていました。