Apple、WWDC21を6月7日から開催 今年もすべてオンラインと発表

Apple、WWDC21を6月7日から開催 今年もすべてオンラインと発表

Appleは3月31日、開発者向けに開催される年次イベント「WWDC21」を6月7日から開催すると発表しました。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響でオンライン開催となりましたが、今年もすべてオンライン形式で開催されます。

「WWDC21」はオンラインで開催

Apple_wwdc21_newsroom_article_tile_033021.jpg

Appleが開発者向けに開催する年次イベント「WWDC」(世界開発者会議)を6月7日から11日まで開催すると発表しました。

WWDCでは、次期iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSを発表。すべて無料で参加することができます。

新型コロナウイルス感染拡大の影響をうけ、Apple史上初のオンライン開催となった2020年と同様、「WWDC21」もオンラインで開催されます。基調講演では、ティム・クックCEOやソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長クレイグ・フェデリギ氏から、各プラットフォームについての紹介が行われる見通し。

4月にイベント開催という噂はどうなった?

Appleは3月にイベントを開催するという予測がされていましたが、4月に延期されたという噂が伝えられています。

先に6月に開催するWWDC21の発表ということは、4月にはイベント開催はなし?期待されていた新型iPadやAirTagsはすべて6月に発表となるのでしょうか。

Apple、3月23日の新製品発表イベントはナシ。4月に延期か