iOS 15.4でSafariがちょっと便利に。パスワードは必ずユーザー名とセットで保存

iOS 15.4でSafariがちょっと便利に。パスワードは必ずユーザー名とセットで保存

2022年2月18日

iOS 15.4ではSafariのキーチェーン(iCloud キーチェーン)が少しだけ便利になるようです。これまでユーザー名なしでパスワードを保存してしまう仕様でしたが、必ずユーザー名とセットで保存するように表示されます。

iCloudキーチェーンで「ユーザー名がわからない」問題がなくなりそうです

ios-15-safari.jpg

開発者向けに提供されている「iOS 15.4 beta」「macOS 12.3 beta」で、SafariのパスワードマネージャーであるiCloudキーチェーンに小さいながらも大きな改善が行われたことが確認されました。

Safariでは、新しいウェブサイトやウェブサービスでアカウントを作成する場合、iCloudキーチェーンが強力なパスワードを生成してくれる機能がありますが、パスワードとユーザー名を正しく紐付けられないことがある問題がありました。

この場合、iCloudキーチェーンにユーザー名を設定せずに保存されてしまい、再ログインしようとするとユーザー名がわからなくなる事象が発生していました。

iOS 15.4/iPadOS 15.4およびmacOS 12.3では、Safariが新しいパスワードを生成した時にユーザー名を識別できない場合、ユーザー名を入力するように求めるポップアップが表示されるようになっています。

AppleのエンジニアであるRicky Mondello氏がTwitterで、この機能について説明しています。

小さい変更ではありますが、ユーザーにとってはiCloudキーチェーンの大きな問題が解決されます。またiOS 15.4/iPadOS 15.4では、ログイン情報にメモを追加することもできるようになります。

drip公認バリスタ