「iOS 15.3.1」配信、積極的に悪用された可能性のある脆弱性を修正

「iOS 15.3.1」配信、積極的に悪用された可能性のある脆弱性を修正

5

Appleは2月10日(米国時間)、「iOS 15.3.1」および「iPadOS 15.3.1」を配信開始しました。点字ディスプレイが応答しなくなることがある問題が修正されたほか、積極的に利用された可能性のある脆弱性を修正しています。

「iOS 15.3.1」点字ディスプレイが応答しなくなる問題を修正

ios15.jpg

Appleが「iOS 15.3.1」および「iPadOS 15.3.1」を配信しています。

このアップデートでは、点字ディスプレイが応答しなくなることがある問題について修正。また、悪意を持って作成されたコンテンツを処理すると、任意のコードが実行される可能性のある脆弱性(CVE-2022-22620)を修正しています。

Appleはこの脆弱性が積極的に悪用された可能性があるという報告を認識しているとし、Safari 15.3 (v.16612.4.9.1.8 and 15612.4.9.1.8)やmacOS Monterey 12.2.1でもセキュリティアップデートを配信しています。

「iOS 15.3.1」リリースノート

iOS 15.3.1ではiPhoneの重要なセキュリティアップデートが提供され、点字ディスプレイが応答しなくなることがある問題が修正されています。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

「iPadOS 15.3.1」リリースノート

iPadOS 15.3.1ではiPadの重要なセキュリティアップデートが提供され、点字ディスプレイが応答しなくなることがある問題が修正されています。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT201222