Appleが戦略転換か、2022年後半に新型「AirPods Pro」が登場したら旧モデルは廃止の予測

Appleが戦略転換か、2022年後半に新型「AirPods Pro」が登場したら旧モデルは廃止の予測

2022年4月7日

Appleは2022年後半にAirPods Pro(第2世代)を発売すると予測されていますが、Appleは「AirPods」に関する戦略を転換した可能性が伝えられています。

AirPods(第3世代)が思うように売れていないようです

airpods-pro.jpg

Appleの情報に定評のあるアナリスト、Ming-Chi Kuo氏によると、AppleはAirPodsシリーズのセグメンテーション戦略を転換する可能性があるようです。

Kuo氏は、Appleが2022念の第2四半期と第3四半期にAirPods(第3世代)の注文を30%削減したと指摘。これはAppleのセグメンテーション戦略の「失敗」だといい、AirPods(第3世代)の需要はAirPods(第2世代)より大幅に弱いと説明しています。

AirPods(第3世代)は、空間オーディオに対応。耐汗耐水性能や駆動時間が向上し、MagSafe充電ケースを同梱。操作性も改善し、次の曲にスキップや、長押しでのSiri起動などもできるようになっています。価格は7,000円高く設定されています。

ユーザーは、第3世代に7,000円の付加価値を見いだせず、価格の安い第2世代を選択していることが示唆されます。

このような状況から、Appleはセグメンテーション戦略を転換し、2022年後半にAirPods Pro(第2世代)が発売された後、AirPods Pro(第1世代)は廃止になる可能性があります。

このセグメンテーション戦略の転換で影響を受けるのは、新型が登場すれば旧モデルの販売価格が安くなるだろうと期待していたユーザーです。新型登場後に在庫を抱えている一部店舗では安くなる可能性はありますが、Appleは旧モデルの販売を継続しない可能性があると考えておいたほうが良さそうです。

AirPods Pro(第3世代)は、Apple Lossless(ALAC)をサポートし、位置情報の追跡を目的(探すアプリ対応)として充電ケースは音が鳴るように変更、健康管理機能をサポートする可能性などが予測されています。

次期「AirPods Pro」はロスレスをサポート、充電ケースは音が出る――著名アナリスト
drip公認バリスタ