「WWDC22」では何が発表される?現時点での予想まとめ

「WWDC22」では何が発表される?現時点での予想まとめ

2022年6月6日

Appleは日本時間6月7日午前2時より、世界開発者会議(WWDC22)の基調講演を公開します。例年であれば次期OSの発表が中心ですが、今年は新型Macの発表も期待されています。現時点での予想をまとめておきます。

「WWDC22」開催直前。今年は何が発表される?

apple-wwdc22.jpeg

例年の世界開発者会議(WWDC)では、次期OSのアップデート内容について発表されます。例年に倣えば、iOS 16、iPadOS 16、tvOS 16、watchOS 9、macOS 13が発表されるでしょう。

iOS 16では、ロック画面の機能強化(iPhone 14では常時表示にも対応するという情報も)、ヘルスケアやメッセージも強化されると予想されています。

iPadOS 16では、マルチタスク機能が大きく改良されるという情報があります。tvOS 16は、スマートホームとの連携が強化されると見られています。

watchOS 9では、服薬管理(薬のリマインダー)や、心房細動の検出(不規則な心拍の通知機能)の改善、新しい低電力モードなどが期待されています。

macOS 13は、名称は「Mammoth(マンモス)」になるという予測があります。またシステム環境設定のUI改善や、デフォルトアプリの再設計などが予測されています。

新型ハードウェアは発表される?

WWDCは開発者向けのイベントであるため、新型ハードウェアが発表されることは稀です。発表されない年もあれば、発表された年もあります。

今年のWWDC22では、M2チップを搭載した新型MacBook Airが発表される可能性が伝えられています。

Appleシリコンに移行されていないMac Proですが、M2チップの上位モデルを搭載する可能性やM1 Ultraの後継チップが搭載される可能性が伝えられています。

Appleは2020年6月に開催されたWWDCで、Appleシリコンへの移行期間は2年を予定していると発表しています。今年のWWDCは「約束の2年」にあたるため、Mac Proが登場しないまでも、何らかの情報が発表されることを期待してしまいます。

新型Mac Proと同時に発売されるであろう、プロ向けの「Studio Display」は10月リリースという予測があるので、Mac Proも10月以降になるだろうと考えられます。

一方でM2チップ搭載のMacBook Airだけでなく、Mac miniも発表される可能性もあります。アメリカの家電量販店B&H Photo Videoが、M2搭載Mac miniの商品ページを公開、Mac mini Towerなる新しいハードウェアの商品ページも確認され、まさかの新デバイス登場も憶測されています。

Mac mini Towerなる新型Macの詳細は不明ですが、商品ページではM1 Proチップを搭載するモデルのようです。Microsoftが先日発表した「Project Volterra」のように、スタック(積み重ね)できるモデルを匂わせる名前。Mac mini Towerを連結して動かせるとか実現したら面白いですね。

Introducing Project Volterra

また直近話題にあがることの多いAR/VRヘッドセットですが、WWDCでの発表はなく、2023年に登場するという見方が強い状況です。

The New York Timesによると、AppleのAR/VRヘッドセットは2023年に発売で、「アイアンマン」や「ライオン・キング」のジョン・ファヴロー監督などのハリウッド映画の監督にヘッドセットのビデオコンテンツの開発を依頼したそうです。

なにはともあれ、WWDC22は日本時間6月7日午前2時から開催です。

WWDC 2022 - June 6 | Apple
drip公認バリスタ